スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


異文化伝心(20)
現代医療と言霊(ことだま)の力 

 数年前、アメリカのワシントン州の医療通訳認定制度の調査のためにシアトル市を訪れたことがあります。海辺の風光明媚な町で、魚介類がとてもおいしい所です。また、シアトル・マリナーズの本拠地ですから、至るところにマリナーズ関連のグッズが売られています。一面が巨大なICHIRO選手の映像になっているビルもありました。

 ワシントン州はアメリカで最初に公的な医療通訳者認定制度が発足した州です。南米からの移民が多いのは他の州と同じですが、ベトナム、カンボジアなどのインドシナ難民の流入も多く、言葉の問題が深刻だったこと、また、州の経済事情が良好で、予算的に余裕があったことから、他の州に先駆けて医療通訳の体制を整備することが可能だったということです。

 さて、医療通訳の調査の中で、色々と面白い話が聞けました。医療通訳の世界では”Cultural Competence”(文化的な能力)、つまり、文化的な違いをよく知り、それをうまく処理する能力が一番大切だということを、関係者がみな強調していましたが、1つ興味深い例が挙がっていました。それは、ネイティブ・アメリカンのナバホ族のことです。

 通訳は、一般的に、一人称で話すことになっています。つまり、話し手が「私は・・・・・・しました。」と言えば、通訳者も、やはり、別の言語で「私は・・・・・・しました。」と言わなければなりません。通訳に慣れていない人は、このような場合、つい、「彼は・・・・・・しましたと言っています。」のように「報告形式」で訳してしまうことがあります。そのようなことのないように、通訳者は、ちゃんと一人称で訳すよう、訓練されるのです。

 ところが、ナバホ族の場合、そのようなルールを当てはめることは無理だということです。ナバホ族の間では、言葉は魔力を持つものであるという考えが根強く、言葉に出してしまうとそれがそのまま現実のものとなると信じられているのです。ですから、もし患者が「私は心臓が悪い」と言った場合、通訳者が「私は心臓が悪い」と訳すと、通訳者自身の心臓が悪くなると考えるわけです。そういう理由で、もし患者が「私の癌はよくなるのか」と言ったら、「この人は自分の癌がよくなるのかと言っています」というように、「報告形式」で訳すしかないのです。

 医者も気をつけなければならないことがあります。例えば「あなたの場合、手術をしても障害が残ることがあります」というように、その患者を対象に語ると、患者はそれがそのまま自分の上に降りかかると考え、恐怖を感じるそうです。このような場合、医者は「あなたと同じような問題を抱えている人の場合、手術をしても障害が残ることがあります。」というように、第3者のことを話しているような形を作らなければならないということです。

 この話を聞いて思い出したのが、日本の「言霊」(ことだま)の概念です。古代、言葉に宿っている不思議な霊力が働いて、言葉どおりの事が起きると信じられていました。日本のことを「言霊の幸ふ国」(ことだまのさきはうくに)、つまり、「言霊の霊妙な働きによって幸福をもたらす国」と呼んでいたこともありました。

 今でも、私たちは、何か良くないことを想像し、それを口に出すと、なんとも言えない不吉な感覚に捉えられることがあります。口に出そうとして、ふと、ためらうこともあります。言ってしまうと取り返しの付かないことになるというような、漠然とした不可思議な不安を感じることがあります。言葉というものは、そういう意味で、不思議なパワーを備えたものです。

これは脳の仕組みとも関係があるようです。よく、強く念じたことは実現すると言いますが、人間は、何かを強く心に思うと、脳が、それが実現する方向に向かうための情報を選択して集めるらしいです。そして、何かを口に出すということは、自分の想念を明確にするということに他ならないのです。口に出すことで、自分の思いをさらに強固にするということです。このように考えると、言葉に表したことが本当に起こるという考えも、非科学的だと一概に決め付けることは出来ません。

 ナバホ族の場合も、近代的な医療機関である病院にやってくるのですから、現代医療を否定しているわけではないし、むしろ頼りにしているわけです。でも、「言霊のパワー」もまた、彼らにとっては、否定できない1つの真実なのです。私たちが「俗信」とみなしている事柄も、彼らにとっては根拠のある一種の科学かもしれないのです。

 先進的な医療機器に囲まれた診療の場で、医者や看護士が患者の文化をしっかり尊重している姿は、一種の感動を呼び起こします。そんな中で本当のコミュニケーションが生まれ、正しい診断と治療につながるのだと、アメリカの医療通訳関係者は口をそろえて言いました。
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


異文化伝心(19) 西暦と元号 換算できますか?
 こんな話を聞いたことがあります。ある学校で保護者のグループが、その活動に関するチラシを配布したいと思って校長に許可をもらいに行ったら断られました。その理由は年号が西暦で書いてあったから、ということでした。学校では元号で書かれたものしか配ってはいけないと言われたそうです。私は、「へえ、そんなことがあるのか・・・。」とびっくりするとともに、「なぜ、そこまでこだわるのだろう」と不思議に思いました。

 日本では、公的な場では、今だに元号で年号を表示するのが正式な形とされているようです。役所の公式文書もそうですし、裁判での起訴状などの文書もそうです。今、私の机の周りにある色々な文書をざっと見てみましたが、多くの公的文書が元号表記でした。でも、現在の本務校はキリスト主義の大学であり、大学関係の文書は西暦表記になっています。また、新聞社関係のもので、西暦と元号が併記されているものも見つけました。

 さて、この元号表記は、通訳者にとって大変厄介なものです。元号は日本人にしかわからないものなので、訳すときに「ヘイセイ トウェンティトゥー」などと言っても意味がありません。世界基準である西暦に直して訳す必要があるのです。

 私が通訳の勉強をしていたころは、まだ昭和でした。昭和については簡単です。25を足して1900を付ければいいです。昭和50年なら、50に25を足して75にし、1900を付ければ、1975年となります。ところが平成になってくると、そう簡単にはいきません。

 平成元年は1989年です。昭和のときのようなやり方で換算すると、88を足して1900を付けるということになります。もちろん、これでうまくいきますが、88を足すこと自体、けっこう厄介です。では、私はどうしたかというと、初めのうちは、平成の数字から2を引いて1990を足すというやり方を取っていました。例えば、平成5年であれば、5引く2プラス1990で、1993年という計算です。ところが、西暦が2000年を超えてくると、平成の数字から12を引いて2000を足すほうが簡単になります。そうなると、平成12年、つまり2000年を基点として計算するのが楽だとわかってきます。平成の数字から12を引いて、2000を足す、ということです。平成12年を境に、プラスとマイナスに分かれますが、このやり方が、今の私には一番楽に思えます。平成8年であれば、8引く12で、マイナス4、つまり、2000から4引いた1996年ということになるのです。

 このように、年号の換算は、慣れてくると簡単ですが、最初はかなり戸惑います。また、歴史をさかのぼった話になると、手に負えなくなることもあります。明治、大正くらいは何とか換算する方法を考えますが、明暦○年とか、天保○年などということになると、とても西暦に直せません。およそ何世紀、くらいにごまかさざるを得ないこともあります。

 年号以外にも、即座に換算して訳さなければならないものがあります。例えば、度量衡の単位です。英語で「10マイル」と言われれば「16キロ」、「3フィート」と言われれば「1メートル」というように、聞いている人がおよその感じがつかめるように換算するのが親切な通訳だとされています。ただし、正確なデータを発表しているような場面では、下手に換算すると誤差が生じるので、あえて換算するのを避けることも当然あります。

 ところで、よく映画などで距離について何かしゃべっている時に、「およそ16キロくらいよ。」というような字幕のせりふが流れますが、非常に違和感を覚えます。およその数字を言うのであれば、「16キロ」はおかしいのです。「10キロ」とか「15キロ」ならおよその数であると言えますが、「16」と言ってしまうと、「およそ」どころか「正確に」のニュアンスになってしまいます。英語ではもちろん、「About 10 miles」(10マイルほど)というように、「およそ」の意味で言っているのに、日本語に正確に訳すとニュアンスが失われます。

 同様に、英語でよく「half a dozen」(半ダース)と言いますが、1ダース(12個)を単位としているので、その半分くらい、つまり、日本語のニュアンスで言えば「5,6個」というようなニュアンスの表現です。これを正直に「6個」と訳している小説や字幕などがありますが、これも「6」という数字を出してしまうと、日本語では「正確に」のニュアンスになってしまいます。

 このような例は、本当に正確にその数字を言おうとしているのか、それぞれの文化的習慣に即しておよそのつもりで言おうとしているのか、しっかり見極めることが大切です。通訳者や翻訳者は、そのシチュエーションが自然に伝わるように訳さなければならないので、的確な状況判断が常に必要とされます。そして、ある程度の算数の能力が求められているのは言うまでもありません。

Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


異文化伝心(18) カタカナの罠
 昔、アメリカ人の画家の通訳をしたことがありました。講演の通訳をした後、空き時間に彼女が画材店に行きたいというので、ついていきました。
 お店の中には、色々と見慣れぬものが並んでいましたが、それぞれ、特別な名前がついているのがわかりました。例えば、金属や鉱物などの粉を溶かして絵の具にするものはpigments (顔料)と呼ばれているし、水彩絵の具はwatercolors 、油絵の具はoilcolors です。絵の具はすべてpaint だと思っていましたが、そうではありませんでした。
店の中をあちこち見て回っていると、その画家が”I'm trying to find some medium.”と言いました。私は、mediumとは一体何だろうと思いながらも、とりあえず
「何か『中間的な物』っておっしゃってますけど・・・」と店員に言いました。店員は首をひねって
「それのサイズのことですか。」と、その画家が手にしていたコバルトの顔料のビンを指さしました。
私が、それを通訳すると彼女は
「違う。違う。mediumを探しているの。」と言います。
「よくわからないけど、『ミーディアム』というものらしいです。」と私。
「それは、何に使うものですか。」と店員。画家に聞くと、持っていたコバルト顔料を指差して、
「これを溶く液体のことよ。」と説明してくれました。私がそれを伝えると、
「それなら、うちには、『メジューム』というものがあります。」と店員が言うので、彼女にそう伝えました。すると彼女は怪訝な顔をして、
「私の欲しいのは『ミーディアム』というものよ。別に珍しいものじゃあないので、どの画材店にでもあるはずだわ。」と言います。

「『ミーディアム』というものがあるはずだと、おっしゃってます。」
「『メジューム』しかありません。」

この類のやり取りを何度か繰り返していると、
「あったわ。これよ。」と画家がうれしそうに声を上げました。そして、小ビンに入っている液体を私と店員に見せました。 それを見て、店員が、
「それが『メジューム』です。」と、憮然として私の顔を見ます。私は、そのビンを手にとってじっくり眺めました。そして、ラベルに書いてある英語を見つけました。
“medium”・・・そう、はっきり書いてありました。
 次の瞬間、私は自分のバカさかげんにあきれました。『ミーディアム』と『メジューム』は同じものでした。またしても、カタカナの罠・・・。顔料を溶く液体のことを英語ではmediumといい、それを日本人は『メジューム』と発音していただけのことでした。私にはmediumを『メジューム』と発音するなどという発想は全くなかったのです。英語の言葉であるということも考えませんでした。フランス語か何かだと思ってしまっていたのです。
でも、少しでも美術の知識があれば、こんなくだらない失敗はしなかったはずです。そういう意味で大いに反省しました。

 少し話が変わりますが、私の通訳の先生でもあった、同時通訳者として有名な村松増美氏がこんな話をしてくれました。彼がまだ駆け出しのころ、『立米』(りゅうべい・・・立方メートルのこと)という言葉が出たとき、『りゅうべい』とは、自分がまだ知らない英単語だと思ってしまい、色々アクセントを変えて『リューベイ』といい続けたけれど、当然のことながら、全く通じなかったそうです。
 また、『オットセイ』も英語だと思い、『オーットセイ』や『オットセーイ』のように、これまたアクセントの位置を変えて、色々トライしてみたけれど、ダメだったというエピソードもありました。(ちなみに、オットセイはアイヌ語が中国音化して、日本に入ってきたらしいです。)
日本語には、色々と外来語があり、どこまでが日本語でどれが外来語であるのか、語感的に非常に紛らわしくなっています。しかも、その外来語のうち、どれが英語で、どれがそうでないのか、あるいは、どれが和製英語で、どれが本来の英語なのか、見極めが難しいものもあります。しっかり勉強しているはずの通訳者ですら、時には思いがけないミスをすることがあるのです。
 
 ところで、『簿記』という言葉がありますが、これは英語のbook keepingが訛ったものであると知ったときには、妙に感動しました。まさにぴったりの漢字まで付いているのです。あっぱれと言うほかありません。
Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


異文化伝心(17) 未来のことはアラーのみぞ知る
 2月21日に、私が会長を務める日本英語医療通訳協会主催の関西研修会が行われました。医療の現場では、英語のノンネイティブ・スピーカーの人たちの通訳をすることが多いので、国際英語についての講演を企画しました。講演者として来てくださったのは、国際英語の理念に基づく英語教育で有名な、大阪大学教授の日野信行先生でした。

 日野先生のご講演には、世界には様々な英語があり、ノンネイティブ・スピーカー同士のほうが互いに英語が理解しやすいことや、様々な国の人が英語を話す場合、その国の文化的背景が、話す英語そのものにも色濃く反映することなど、なるほどと思わせることが多く盛り込まれていました。

 特に感銘を受けたのは、日本人の英語は日本人の英語として認めるべきであり、スピーチやエッセイなどの構成も、英語圏文化のそれをまねる必要はないという点でした。確かに、英語が世界語になっている今、World Englishesという言葉があるように、英語はネイティブ・スピーカーの英語以外に色々とあって当然なのです。

 日野先生のお話の中で、とても興味を惹かれたエピソードがありました。先生がラジオ英語番組を担当されていた時、バングラデシュの青年に出演を依頼し、打合せも済んだあとで、こんな会話があったそうです。

 日野先生:Would you come here on Wednesday? (水曜日に来てくださいね。)

青年: Maybe. (たぶん。)

日野先生:I beg your pardon? (何ておっしゃいました。)

青年:I don't know, but I will try. (わかりません。でも、努力します。)

 どうしてこのような会話になったかと言うと、イスラム教の教えでは、未来について知っているのはアラーの神だけで、人間は未来のことを約束できないからだ、ということでした。未来のついての約束をすることは、神への冒涜になるというのです。ですから、全ての準備が整っていたとしても、来るかどうかはわからない、でも、来る努力はする、と言うしかないのだそうです。このように、英語でしゃべっていても、やはり文化的背景は、そのまま言葉として表出するのです。

 これを聞いて、すぐに考えたのは、法廷でこのようなことが起こったらどうなるだろう、ということでした。裁判のおわりに、裁判官が被告人に向かって「あなたは、二度とこのような犯罪を犯さないと約束できますか」と聞いたときに、被告人が「たぶん」と答えたら、みな、びっくりするでしょう。しかも、「わかりませんが、努力します」などというセリフが被告人の口から出たら大変です。被告人が反省することを非常に重んじる日本の法廷です。「もう二度としないことを約束します」と言わないと、量刑に響くのは目に見えています。

 このような場面が実際にあったら、法廷通訳人はどうしたらいいでしょうか。被告人の真意が分かっていた場合、そのまま言葉に表れたとおりに訳していいのでしょうか。でも、解説するのは通訳人の職務範囲を超えています。このあたりのジレンマも通訳人を悩ませます。

 実際、このような文化的な問題を処理するのは法律家の仕事であるべきです。弁護人は、被告人の文化的背景に敏感になって、こういう問題が生じたときの対処法も考えておく必要があります。通訳人は、やはり、言われたことをそのまま訳すことを原則とするべきなのです。

 





Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


異文化伝心(16) 翻訳できないジョーク

 4年ほど前でしたが、テレビのワイドショーで、「世界一面白いジョーク」についてコメントしていました。そのジョークとは、だいたい以下の内容でした。

 ハンターが二人、狩に出かけて行きましたが、その内の一人が(木から落ちたのだったか何かで)瀕死の重傷を負い、動かなくなってしまいました。もう一人のハンターは、あわてて無線でレスキューセンターに連絡を取りました。
「友達が大怪我をしたんだ。もう死んでしまったかもしれない。すぐに来てくれ。」
レスキューセンターのオペレーターは、こう言いました。
「落ち着いて。死んでいるかどうか確認してください。」
数秒ののち、オペレーターの耳に、バーン! という銃声が聞こえてきました。

 このジョークについて、番組のコメンテーターたちは、怪訝な顔をして、口をそろえて言いました。「これの何が面白いんでしょうねえ。」「これは一種のブラック・ユーモアだと思うけど、どこが面白いのかわかりませんね。」
 次に、番組は、アメリカの街角のシーンに移り、このジョークを聞いた人たちの反応を見せてくれます。アメリカ人たちには、例外なく、このジョークは大受けでした。皆、「最高だ!」と笑い転げます。
 それを見た後、番組のコメンテーターたちは、ますます訳がわからなくなったようで、口々にこんなことを言っていました。「日本人にはユーモアのセンスがないんでしょうかねえ。」「世界のほかの人たちと感性が違うということでしょうね。」「やはり、日本人はちょっと特別ですね。」

 これを見て、私はあきれ返りました。「ちょっと、待ってよ。これは日本語のジョークじゃないでしょ。翻訳でしょ。」
 私はこれの原文を見たわけではないので、想像にすぎませんが、なぜ、英語で聞いた人が大笑いしたのか、確信を持って言えます。オペレーターの、「死んでいるかどうか確認してください」というせりふは、英語ではMake sure he is dead. だったはずです。
Make sure he is dead.(彼が死んでいるか確かめなさい)は、状況しだいで別の意味にもなります。「彼が確実に死んでいるようにしなさい」、つまり、「とどめを刺しなさい」という意味です。
 このジョークの面白さは、登場人物がハンターである、ということです。獲物を撃ってはとどめを刺すことを日常的にしている人です。Make sure he is dead. と言われて、つい、いつもどおり、とどめを刺してしまったのです。街角のシーンで、このジョークを聞かされたアメリカ人男性が、笑いながら、「ハンターだからね。」と言っていたのを思い出します。
 それにしても、このテレビ番組作成者は、一体何を考えていたんでしょう。どうも、主旨は、「世界一面白いジョークが面白いと感じられない日本人の感性」だったようです。でも、この番組で露呈したのは、言語や文化に規定されるジョークの価値、そして、異文化・異言語間の翻訳の困難さ、といったものに対する日本人の認識と感性の乏しさだったように思います。

Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。