スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


BC級戦犯の苦悩と通訳
BC級戦犯の苦悩と通訳・・・・『私は貝になりたい』を観て

 先日、中居正弘主演の映画『私は貝になりたい』を観た。これは1958年公開の同名のTVドラマのリメイク版だ。実は、このドラマは、子供の時に観たことがあり、その内容の理不尽さに非常に衝撃を受けたことを生々しく覚えている。私の年齢を考えると、おそらく再放送されたものだったと思われるが、その時、家のどの部屋で誰と一緒に観たかというようなことも覚えており、そういう周りの状況から推測すると、かなり幼かった時代のことだ。子供のころは色々なドラマを観たわけだが、『私は貝になりたい』ほど記憶に鮮明に残っているドラマはない。
 今回の映画もなかなか良かったし、主役の中居正弘も演技はうまかったが、どうしてもそのイメージが「SMAPの中居くん」で、やはり昔のフランキー堺主演のドラマの方がストーリーの重みという点ではより印象深かったように感じる。
 ストーリーは、上官の命令でアメリカ兵の捕虜を殺害したとされ絞首刑になるBC級戦犯の苦悩と絶望を描いたものだが、私自身、東京裁判やBC級戦犯の裁判に関しては非常に関心があり、特にその通訳問題については、過去にいくつか小論を書いたこともある。8年位前だったと思うが、当時フィリピンやシンガポールで実際に軍事法廷の通訳を務めておられた河野節郎さんという方にお会いする機会を得、当時の体験を語っていただくとともに、貴重な資料のコピーもたくさんいただくことが出来た。それらによって、BC級戦犯の裁判がいかに不公正で悲惨なものであったかがわかった。
 「指一本の起訴」という言葉がある。BC級戦犯の容疑のほとんどが、捕虜虐待や現地住民に対する暴行や殺害であるが、そのような事件に関する裁判が開かれた場合、当時どの日本兵が関わっていたかを特定するのは非常に困難だ。だが、戦勝国側としては、けじめとして、あるいは見せしめのために、裁判を行って日本人を罰しなければならない。そのような場合、抑留されている日本兵に対して地元住民に面通しさせ、「この男だ」と指をささせる方式が取られた。これによって、全くアトランダムに容疑者が選ばれていき、無関係の人物が起訴されたりすることも多かったようだ。そして、通訳の調達もうまくいかないことも多く、間違いを立証しようにも言葉は通じず、冤罪のまま処刑されてしまうこともあったそうだ。
 映画では、裁判の場面で日系人通訳の変てこな日本語がうまく通じていないというシーンがあったが、映画のケースのように、横浜で行われたアメリカ関係の軍事法廷は日系二世が通訳の任に当たることが多かったようだ。中には非常に日本語に堪能な通訳官もいたが、あまり日本語がうまくなく、被告人の発言の真意がまったく伝わらないようなケースもあったと言う。
 また、映画でも描かれていたが、BC級戦犯の裁判の一番の理不尽さは、「上官の命令に従って行った」という理由がまったく認められないということだ。普通に生活していた普通の人が赤紙一枚で召集され、絶対に逆らうことの許されない軍の命令に従って行動しただけなのに、その理屈がまったく通用しないのが当時の状況だった。前述の河野さんのように通訳人が日本人の場合、日本の軍隊の状況がよくわかるので、被告人の立場や心情がわかり、したがって、被告人に対して非常に親身になり、裁判の間はまるで苦楽をともにする同士のような連帯感があったと言う。
 軍事法廷の不条理の中で、法廷通訳人として、被告人一人ひとりの運命が決定されてゆくのをつぶさに目撃した河野節郎さんは、こう語っておられた。「戦後半世紀以上を経た今日でも、心のどこかにトゲが刺さっている気がする」と。
 その河野さんは、今年亡くなられた。戦争裁判の生き証人がまた一人失われたことはまことに残念だ。心からそのご冥福をお祈りする。

スポンサーサイト
Makiko Mizuno
エッセイ(一般)


2008年12月13日
名古屋外国語大学主催第2回学生通訳コンテスト

 12月13日に名古屋外国語大学で第2回学生通訳コンテストが開催され、昨年に引き続き、審査員として参加させていただきました。大学で通訳を学ぶ学生たちが全国の10大学から集まって、普段の勉強とトレーニングの成果を競い合いました。テーマは「多文化主義」で、12のサブ・トピックに分けられ、事前にそれぞれのキーワードが学生たちに与えられましたが、どのサブ・トピックに当たるのかは、当日のくじ引きで決まります。
 多くの聴衆の前で、相当高度な内容の対談の通訳をするのは、非常に緊張を要し、英語力や通訳力以外にも、精神的な強さを必要とします。今年の優勝者は東京外国語大学の学生さんでしたが、出場者数名のパフォーマンスが拮抗していて、審査委員にとっては、入賞者を4名決めるのはかなり難しいものでした。
 金城学院大学の私のゼミの学生たちも多く見学させていただきましたが、みな、大きな刺激を受けたようでした。同年齢の学生たちがあのような場で堂々と通訳をしている姿は、自分も頑張ればできるかもしれないという希望を持たせてくれます。さっそく通訳サークルを立ち上げようという動きが出たことは、私にとってはとてもうれしいことです。
 学びの途上にいる若い人たちにとって、様々な外部からの刺激により目覚めていくことは非常に重要です。大学というぬるま湯の中で毎週行われる授業という環境だけでは、いくら良い内容を提供しても、どうしてもマンネリ化してしまい、学生たちへの浸透度は低下してしまいます。学生たちにとって外の社会への窓口になり、多くの有益な刺激を受ける機会を与えるのも、教師としての重要な役割だということを、今回のコンテストは再認識させてくれました。
 大学を挙げて、あのようなイベントを企画した名古屋外国語大学に敬意を表します。

Makiko Mizuno
Diary


インサイダーとしての通訳者、アウトサイダーとしての通訳者
インサイダーとしての通訳者、アウトサイダーとしての通訳者 

 10年以上前、実際に起こったことです。
 内戦の真只中にある某国を、日本の某使節団が訪問したことがありました。これには国会議員も何人か含まれていました。現地で彼らに対する記者会見が開かれ、その内容は、日本の大使館付の通訳によって訳されました。そしてそれが現地の新聞に載り、さらにはその内容が、日本に逆輸入され、日本語に訳されて報道されたのです。
 ところが、日本のメディアで内容が報道されるやいなや、騒動が起こりました。使節団のメンバーたちが、普段日本で言っていることと全く異なる話をしたと報道され、彼らは二枚舌であると非難されたのです。ところが、メンバーたちは「私たちはこんなことを言った覚えはない」と、激怒しました。実際に現地で自分たちが話した内容とニュアンスが違う、あるいは、まったく反対の趣旨の内容が報道されている、と彼らは主張しました。
 一体何が起こったのでしょう。実は、現地の大使館の通訳者が、使節団の発言を、その国にとって都合のいい論調に変えて訳していたのです。大使館の通訳者ですから、自分自身、外交官という立場があるわけです。それで、角が立たないように、うまく処理した結果、オリジナルとは異なる通訳バージョンが出来てしまったということでした。
 これは、あくまで外交官という立場を持った通訳の話です。

 それでは、純然たる通訳者、つまり、訳すことのみが仕事であり、他の立場を持たない通訳者の場合はどうでしょうか。言われたことをそのまま正確に訳すのが通訳者の務めですが、時には大きなジレンマにぶち当たることがあります。
 ドイツ文学の専門家であり日独会議通訳者でもある相澤啓一氏はこう書いておられます。「通訳者は信じられないような光景に遭遇する。・・・中略・・・ヒトラー・ユーゲント(ブログ管理人注釈「ヒトラー青年隊」解説)に接して感激した昔話を得意げに話し続ける財界重鎮のスピーチを訳す羽目になってドイツ側の前で絶句させられる。こうした場合に通訳者は、通訳としての分際をもわきまえずに日本側をたしなめてクライアントの叱責を買うべきなのか、それとも契約どおり日本側の意を体し黒子に徹してドイツ側の顰蹙を買うべきなのであろうか。」(「異文化間コミュニケーションにおける通訳者」(相澤啓一)『言語』1997年8月号「通訳の科学」)
 外交官であれば、当然このような内容は訳さないでしょう。ヒトラー時代のドイツを現代のドイツ人がどう受け止めているのか、ということを考えると、そのような発言は、日本側とドイツ側の関係にネガティブな影響を及ぼすことがわかるからです。でも、一般の専門職としての通訳者は、言われたことをそのまま訳すことが仕事なのです。

 江戸時代の通訳者、つまり「長崎通詞」は政府の役人でした。ですから、日本にとって一番利益になることは何なのか、一番穏便に事が運ぶにはどうすればいいのか、という観点から通訳の仕事を行っていたはずです。外交官に似た「立場」というものがあったのです。
 ところが、近代になり、訳すためだけの「通訳者」という職種、特にフリーランサー(自由契約)の通訳者という立場が確立してからは、通訳者には、関係者あるいはインサイダーとしての「立場」が失われました。つまり、「透明人間」あるいは「黒子」のようになる、つまり、どちらの立場でもなく完全に中立であり、ことばの橋渡しをすることのみを期待されるようになりました。言い換えれば立場的にアウトサイダーである通訳者の数が非常に多くなったのです。
 この、「通訳の立場性」の問題は、上記の例にもはっきり表れているように、トラブルを避けて双方の円滑なコミュニケーションを優先するか、あるいは通訳者のあるべき姿に固執して「黒子」に徹するべきか、という大きなジレンマのもとになっているのです。
Makiko Mizuno
エッセイ(通訳のジレンマ)


日本医療通訳協会関西研修会
日本英語医療通訳協会(JE)では、以下のプログラムで関西研修会を開催いたします。


関西研修会(12月14日)のお知らせ


JE関西地区は以下の内容で研修会を開催する予定です。
今回は、悲惨な状況に遭遇し、精神的に傷を負ってしまうことも多い医療通訳者のトラウマとセルフケアの問題について、医療通訳研究会(MEDINT)の代表である村松紀子さんにお話していただきます。医療通訳者が自分を守る術を身につけることは非常に重要です。
また、これまでほとんど扱ってこなかった薬に関する英語について、みのお英語医療通訳研究会の西野かおるさんに講義していただきます。
詳細は以下です。

日時:12月14日(日) 10:30~16:00

場所:ドーンセンター大阪(→地図を見る

プログラム:

薬と投薬指導に関する英語指導: 10:30~12:00
講師 西野かおる氏
(みのお英語医療通訳研究会代表・JE会員)

最新アメリカ医療通訳事情: 12:00~12:30
報告者 西谷陽子(JE関西地区担当委員)

昼食休憩: 12:30~13:30

通訳トレーニング: 13:30~14:30
講師 水野真木子(JE会長) 

特別講演「医療通訳者の二次受傷事例について」:
14:30~16:00
講師 村松紀子氏(医療通訳研究会 [MEDINT] 代表)
色々な事例を提示して、皆さんと一緒に考えます。


参加費:
会員 1000円
非会員 3000円

参加申込:メールでお申し込みください。申込先は
m-mizuno *at* kinjo-u.ac.jp
水野真木子
です。(*at* は @ と読み替えてください。)
Makiko Mizuno
「医療通訳」新情報


異文化伝心 (7) 凶悪殺人犯が無罪に
異文化伝心 (7)  凶悪殺人犯が無罪に

 30年以上前、アメリカでもまだ、司法通訳のシステムが整備されていなかった時のことです。スペイン語しか話さないある男性が、殺人罪で裁判にかけられました。大変凶悪なケースで、検察側は、その男性を犯人だと証明するための充分な証拠もあり、大きな自信をもって裁判に臨みました。ところが、陪審員は、その男性に対して無罪の評決を出したのです。検察側はびっくりしましたが、無罪の評決を変えるわけにはいきません。
 後になって、陪審員たちが彼を無罪だと考えた理由がわかりました。「あんなに雄弁に、そして、明瞭に、きちんとした話が出来る人間が、あのような殺人を犯すはずがない」というものでした。
 実際、その男性は、そのような話し方をしていたのでしょうか。答えはノーです。スペイン語のわかる人であれば、証言する際に、彼がいかに下品で、文法も間違いだらけのスペイン語を使ったかがわかったはずです。まるで大学教授の話し方のような、明瞭で正しいことばを使ったのは、英語の通訳人だったのです。
 現在のアメリカの法廷通訳人の倫理規定によれば、通訳人は、オリジナルの発言に忠実にならなければならない。編集、削除をしたり、付け加えたり、文章をきれいに変えたり飾ったりしてはいけない、ということになっています。そして、アメリカの法廷通訳人資格認定試験では、裁判官などのような専門家の高度に洗練された話し方と、低所得層の人たちのスラング混じりの庶民的な話し方を訳し分ける能力が試されます。
 ある人の境遇や人格などが、その人の話し方でわかるのは、はじめに述べた「レジスター」がそれぞれ異なるからです。通訳が間違った「レジスター」を用いると、その人物のキャラクターが誤って伝わってしまうのです。オーストラリアへ司法通訳制度の調査に行ったときも、関係者の多くが「レジスターを保持する」ということの重要性を述べていました。人間や状況を判断する場である裁判では、この「レジスター」という概念は、他の通訳現場に比べ、非常に重要です。
 さて、ここで通訳人にとって大きな悩みが生じます。いくら本人が下品でひどいしゃべりかたをしたからといって、それをそのまままねて訳すということは、普通、並大抵のことではありません。通訳者はたいていの場合、いわゆる「インテリ層」です。自分が普段使ってる言語使用領域の外に位置する言語表現は、なかなか使いにくいものです。
 特に、日本人の場合、「男ことば」「女ことば」というものも存在します。そして、その多くが女性である通訳人が、その多くが男性である被疑者・被告人の通訳をしなければならない場合が多いのです。結果、当然のことながら、通訳バージョンが、本人のオリジナルよりも、女性的で丁寧な、上品なものになるということが起こります。
 逆の場合もあります。通訳人が法律家の「レジスター」に不慣れで、ごく普通の日常的な表現にしてしまうと、その法的意味が失われたり、ニュアンスが変わったりします。通訳人は、高度に専門的な分野の「レジスター」にも慣れておく必要があるのです。
司法通訳が会議通訳に比べて大変なのは、この「レジスター」というものをどう処理するか、いつも意識していなければならない点においてでしょう。

豆知識

レジスター   状況に応じて語彙や文法、発音などを変えた言語変種
          レジスターから、それを使用するグループのメンバーを特定することも可能
          地域方言、階級方言とは異なる。
  HALLIDAY とHASANによれば、レジスターは以下の3点によって決まる。   
   Field    言語が使用されている場面で何が行われているか。どのような分野に関わるか
   Tenor   どのような人が関係しているか
   Mode    どのような方法や目的で伝達がなされるか


Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。