スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


漢字に関わるジレンマ
漢字に関わるジレンマ

 先日、東京で裁判員裁判における法廷通訳をテーマに、研修会が行われた。私も主催者側のコア・メンバーだった。この研修の1日目は模擬法廷だったが、中国語を話す被告人という設定で、中国語の通訳人が付いた。 

 通訳人役を務めたのは台湾出身の女性だったが、彼女は日本での生活が非常に長く、ほとんど日本人と変わらないくらいの日本語の能力がある。司法通訳人としても大ベテランで、日本では1,2を争う実力の持ち主だ。そんな彼女であったが、今回の模擬法廷で、スムーズにいかない箇所がいくつかあった。彼女が言うには、法廷で使われる用語には漢語的な表現がたくさんあるが、日本では、中国語圏とは異なり、違う漢字でも発音が同じになっているので、どの漢字なのか判断に迷うということである。模擬法廷で「現場に血痕様のものがあった」という表現が出たが、「血痕」はわかったけれど、「よう」とはどの「よう」なのか、やはり日本語のネイティブ・スピーカーでない彼女には難しかったようだ。

 実際、多くの日本語のネイティブ・スピーカーでない人が司法通訳をやっているが、日常語とは異なる表現は悩みの種になっている。上の例でも、もしかしたら「けっこんよう」を「結婚用」だと思ってしまう人もいるかもしれない。「血の痕のような」と言ってあげれば間違うこともないのに、あえて難しい表現を使うのが法廷だ。

 笑い話になっているが、「ここは接見禁止です」と言われて「ここは石鹸を持って入ってはいけません」という意味だと思った人がいたそうだし、「諸般の事情をかんがみて」という表現を、「初犯なので、それを考慮して」という意味に訳した通訳人が実際にいたそうだ。このような同音異義語は、たとえ日本人であっても、間違いを犯す可能性は十分ある。

 ところで、この模擬法廷の被告人質問で、被告人が人を殴ったときの話になったが、彼は拳を突き出して、何やら中国語で言った。私の耳には「・・・・シャオリン・・・」という部分しか聞き取れなかった。そして、私は「まさか」と思ってしまった。「少林寺拳法」で殴ったと言ったと思ってしまったのだ。「それはまずいだろう。自分に不利になるのに・・・」などと思っているうちに、通訳人がこう訳した。「はい、小林さんを殴ってしまいました。」少林寺拳法の少林ではなくて、小林さんだったのだ。中国語では固有名詞でも何でも中国語読みにする。

 後で通訳人にこの話をしたら、彼女は笑いだした。そして、「小林」と「少林」は、中国人にとって発音はまったく違うと言った。そして、違いをデモンストレーションしてくれたが、私にはあまりよくわからなかった。中国語の発音は、現代日本語の乏しい発音体系では到底カバーし切れない。同音異義語が多いはずだと大いに納得した。

(中国語を熱心に取り入れていた古代では、日本語の発音はもっと複雑で、漢字によって微妙な発音の違いもあったようである。)
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
エッセイ(通訳のジレンマ)


東京法廷通訳人研修が無事終了しました
 日弁連法務研究財団研究事業として発足した「法廷通訳研究会」による 法廷通訳人研修会(東京)が終了しました。これは、大阪から始まり全国を回る研修プロジェクトの第2回目でした。私もコア・メンバーになっています。

 今回は、1日目に模擬法廷を行ったのですが、中国の被告人で通訳も中国語でした。これはシナリオに沿って行われる模擬法廷でしたが、被告人役の方が間違って予想外の発言をし、展開が突然弁護側に不利なものになっていきました。この予想外の展開に、弁護人も検察官も、思わず本気になってしまい、普段、本当に法廷でやっておられるような調子になってきて、大変真に迫った模擬法廷になりました。

 2日目は、セミナー形式で、裁判員制度の意義から始まり、正確な通訳の重要性や通訳が判決や量刑に与える影響などについても、様々な角度から論じられました。裁判員のいる法廷とは何なのか、従来の裁判とはどう違うのか、通訳人の訳語の選択ミスで、どのような結果が導かれるのか、などなど・・・。毎度のことですが、主催者側にいながら、多くを学ぶことのできる内容でした。

 3回目の研修は、11月21日と22日に名古屋で開催します。詳細は、今後色々なルートでアナウンスされる予定です。
Makiko Mizuno
お知らせ


法廷での反省表現
asahi 9.7〈9月7日朝日新聞〉

 外国人が被告人となる裁判員裁判が各地で行われるようになってきました。9月8日からさいたま地裁で行われたフィリピン人の強盗致傷事件が第一号でした。以前、朝日新聞の「私の視点」に、通訳の訳し方が裁判員に与える影響について書いた記事が載ったこともあり、関東の多くの新聞社から取材を受けました。

 法廷で通訳人がどのように訳すかによって、裁判員にどのような影響が及ぶかを探るのが私の研究課題ですが、9月6日に日本通訳翻訳学会の年次大会で行った法廷実験でも、わかったことがありました。それは、法廷での「反省」に関わることです。

 法廷実験では、強盗傷害の罪で起訴されているスペイン語を話す被告人の証言に対して、いくつかの異なる通訳バージョンのDVDを用意して、参加者に見てもらい、その印象を問うアンケートに答えてもらうという形で行いました。反省に関わる場面では、スペイン語で「判断力を失った」という意味の「頭を失った」という表現を、通訳人が直訳した場合と、「どうかしていました」というように意訳したものの2通りあったのですが、やはり、通訳者が文化特有の表現を、そのニュアンスどおりに訳したものの方が、被告人の反省度や信頼性などに関してポイントが高くなりました。直訳してしまうと、弁護人がその意味を問う質問を繰り返さざるをえなくなり、聞いている人には言い逃れをしているように聞こえたりするのです。

 実験では、他にもいくつかの分析ポイントが盛り込んでありました。たとえば、自分が行った犯罪に対して「残念です」と言うのと「申し訳ありません」と言うのとでは、後者のほうがポイントが高く、「残念です」は反省しているようには見えない、というような感想もありました。元のスペイン語は、どちらの日本語表現にも訳せるということですから、このような場合、通訳人が裁判員の心証を作り出してしまっていると言えましょう。

 また、似たような状況で、「許してください」と「申し訳ありません」の対比があります。やはり後者のほうが印象がいいようです。どうも、日本人にとって、「申し訳ないことをしました」というのが、一番受け入れやすい反省のことばのようです。

 日本の法廷文化として特徴的なのが、被告人を裁判でいかに反省させるかが非常に重要視されることです。重大事件の犯人が被告人の場合、裁判で反省の気持ちを示したかどうかが問題となり、反省しない場合、新聞などで「被告人は最後まで反省の言葉を口にしなかった」というように報道されるのです。そういうことにニュース・バリューがあるのです。

 深い悔悛の気持ちを表す被告人に対し、裁判員の評価が上がることは当然予測されることです。そういう意味で、通訳人の責任は重大です。

 (他の法廷実験関連の記事は、こちらのサイトをご覧ください。)



Makiko Mizuno
エッセイ(一般)


講演・講義の記録
講演・講義記録

コミュニティー通訳関連の講演や講義を依頼されて、各地を回ることが多くなりました。

2009年

1月15日  愛知県立大学医療分野ポルトガル語スペイン語講座 (愛知県立大学)
       「医療通訳のスキルと心得・・・コミュニティー通訳という文脈から・・・」

3月28日 第20回豊橋市手話通訳者現任研修 (豊橋市障害者福祉会館)
       「コミュニティー通訳者の仕事と役割」

4月18日 横浜市手話通訳者・登録筆記通訳者研修 (横浜ラポール)
       「コミュニティー通訳を知る・・・通訳者の役割と立場について・・・」

5月23日 愛知手話通訳士協会講演会 (金城学院大学)
       「コミュニテイ通訳-司法通訳の方法と注意点」

5月30日 第7回日本手話通訳士協会研究大会 板橋区立文化会館
       「手話通訳者とコミュニティー通訳者の役割」

5月31日 医療通訳トレーニンググループ 特別講義
       「コミュニティー通訳と医療通訳:通訳者の仕事と役割」

8月23日 日弁連法務研究財団 法廷通訳研究会主催 (大阪商工会議所)
       「法廷通訳研修会」インストラクター

8月24日 世田谷福祉専門学校特別講義 (国立オリンピック記念青少年総合センター)
       「コミュニティー通訳の仕事と役割」

9月13日 静岡県手話通訳者現任研修講義 (浜松市地域情報センター)
       「コミュニティー通訳にとって必要な技術と能力」

9月26,27日 
     日弁連法務研究財団 法廷通訳研究会主催 (国際フォーラム)
       「法廷通訳研修会」 インストラクター

10月10日 平成21年東京外国人支援ネットワーク第3回研修会(JICA地球広場) 
       「コミュニティー通訳に必要な資質と能力、トレーニング」

10月25日 第26回東京都手話通訳問題研究集会 
       「コミュニティー通訳とは―その意義、役割、能力」

10月30日 愛知県立大学医療分野スペイン語ポルトガル語講座
       シンポジウム「地域における医療コミュニケーション支援の技能」
       「コミュニティー通訳の意義と通訳者の心得」

11月21,21日
      日弁連法務研究財団 法廷通訳研究会主催 (名城大学/名古屋国際介護場)
       「法廷通訳研修会」 インストラクター

12月6日  富山県国際交流人材バンク通訳者セミナー (環日本海交流会館)
       「地域で必要な通訳の現状、地域の通訳者として必要な資質」

12月19日 2009年度石川県手話通訳士公開講座 (石川県社会福祉会館)
       「コミュニティー通訳者の役割」

12月25日 愛知県立大学医療分野スペイン語ポルトガル語講座
       基礎知識を学ぶ
       ・・・「医療通訳のスキルと心得・・・コミュニティー通訳という文脈から」

1月9日、10日
     立命館大学先端総合学術研究科主催 国際会議 日本における翻訳学の行方
      Translation Studies in the Japanese Context  (立命館大学)
       「コミュニティ通訳の現状と課題」

1月23,24日
     日弁連法務研究財団 法廷通訳研究会主催 (西南学院大学/西鉄イン・福岡)
       「法廷通訳研修会」 インストラクター
 

Makiko Mizuno
講演・講義の記録


学会発表・シンポジウムなどの記録
学会発表・シンポジウムの記録

2009年

3月22日 日本通訳翻訳学会コミュニティー通訳分科会・通訳教育分科会合同例会
       (名古屋国際センター)
       「法廷における語彙選択に関する言語学的問題と法的意味」(共:中村幸子)

5月17日 法と言語学会設立総会 設立記念パネルディスカッション
       「司法にとって言語とは何か」

6月6日 第1回法と言語 学会定例研究会 (統計数理研究所)
       「通訳付き裁判員模擬法廷の分析」(共:中村幸子)

6月28日 日本コミュニケーション学会第39回年次大会 (新潟青陵大学短期大学部)
       「医療通訳者の異文化仲介者としての役割について」 (単)

7月9日 IATIS 3rd conference (Monash University, Melbourne/Australia)
       “Intercultural mediation by healthcare interpreters and its impact
       on provider-patient relationship in Japan”  (単)

7月22日 Corpus Linguistics 2009  (University of Liverpool)
       “Mock trial and interpreters’ choices of lexis----Issues involving
       lexicalization and relexicalization of the crime” (共:中村幸子) 
 
9月6日 日本通訳翻訳学会 第10回年次大会 (金城学院大学)
       「模擬法廷DVDによる実験およびディスカッション」
       (共:コミュニティー通訳分科会法廷言語分析チーム)

Makiko Mizuno
学会発表・シンポジウムなどの記録


異文化伝心 (14) 「水」は「水」・・・とは限らない
「水」は「水」・・・とは限らない

 アメリカのあるベテラン通訳者の話ですが、通訳ミスが本当に人の命を奪ったケースがあったそうです。昔の話ですが、第2次世界大戦中、ドイツ軍の偵察隊が砂漠地帯に偵察に出かける前に、現地人を呼んで、オアシスなど、水の補給の出来る地点に関する情報を得ようとしました。その時、現地語とドイツ語の出来る通訳がつきました。

 呼ばれてきた地理に詳しい現地人が、地図を見て指差しながら、現地語で「ここに水、次はここに水、水、水、 ・・・」と教えていきます。ところが、1回「塩水」という言葉がはさまれました。でも、通訳は、全て「水」と訳したのです。その結果、出かけていった偵察隊は一人として部隊に戻ってきませんでした。

 つまり、通訳が訳したことを信じて、途中での水の補給がぎりぎりに可能なルートを決めて、それに従って動いていたドイツ兵たちは、ある地点で、水にたどり着いたと思ったとたん、それが塩水で、飲めないものだと気づいたのです。でも、次の水の得られる場所はあまりに遠く、彼らは水分が補給できずに、全員死んでしまったのです。

 彼らが戻ってこないのを不審に思ってドイツ軍が調査を行った結果、通訳のミスが明らかになったそうです。通訳はおそらく、何のための水の調査か考えずに訳していたのでしょう。隊員の命に関わる「飲める水」の調査であるという認識がなく、塩水であっても「水」は「水」と思って、いい加減に訳していたに違いありません。

 ここにもう1つ問題があります。現地人はなにも「塩水」の場所など言う必要がなかったのではないか。それを言ったために混乱が生じたのではないか。なぜ、現地人はわざわざ「塩水」の場所を、さも大切そうに教えたのかということです。これには文化的な背景事情があります。砂漠では、人々は普通、キャラバン隊を組んで旅をします。その場合、人や荷物を運ぶラクダが一緒にいます。そのラクダたちの塩分の補給に、塩水の出る泉が重宝されているのです。ですから、人間のための水とラクダのための塩水の両方を、現地の人は意識するわけです。そして、塩水の得られる場所も、真水の場所と同様、貴重な情報なのです。

 この事件は、様々な要素が絡み合って悲劇を招いたケースですが、通訳が「塩」という言葉を省くという「ちょっとした」ミスをしたために、人が何人も死んだということを考えると、通訳の責任の重大さがわかります。この場合のように、何のためのコミュニケーションに立ち会っているのかということを正確に把握しないまま通訳すると、こんな結末をも招きかねません。
Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


日本通訳翻訳学会年次大会終了
 今月5日6日に金城学院大学で開催された日本通訳翻訳学会の年次大会も無事終了しました。私の本務校で開催されたので、私が大会委員長の責を負うことになり、前日など、ちゃんとプロジェクターが機能しなかったらどうしようとか、色々と心配になってとても緊張しました。でも、2日間、特に何事もなく終わってほっとしました。

 大会の様子については同学会理事の永田先生のブログにに早々とアップされたので、それにリンクをはっておきます。

 今回の大会は、始めて名古屋で開催されたので、少しでも名古屋らしさを出したいと思い、懇親会のメニューを名古屋づくしにしてみました。手羽先、味噌カツ、えびふりゃー(エビフライ)、椀子きしめん、一口外郎など出しましたが、参加者の皆さんも、たいへん喜んでおられ、本当によかったと思います。

 1日目の基調講演は、幕末のオランダ通詞(後には英語の通詞として初の英和辞書編纂にも携わる)として有名な堀達之助の玄孫でいらっしゃる、名古屋学院大学の堀孝彦先生をお迎えしました。
また、日本手話通訳士協会の小椋英子会長と、日本通訳翻訳学会設立時の会長である近藤正臣先生による特別フォーラムは、音声言語通訳と手話通訳との間での情報交換の場になり、参加者は非常に興味をかき立てられたようで、今後の相互交流のきっかけにもなったようです。ちなみに、同学会では初めて、公式に手話通訳を付けたセッションとなりました。

 他にも分科会ごとのセッションや多くの個人発表があり、内容的にも充実していました。第10回大会ともなると、会員数も300名をはるかに超えているし、会員の研究の質がどんどん高くなっていくのを感じます。
Makiko Mizuno
Diary


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。