スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


韓国で開催された難民の権利に関する学会に参加して
 竹島問題で日韓関係に亀裂が入り、ソウルの大使館前での反日デモがヒートアップしていた8月後半、ソウルで開催された学会に参加しました。各種報道によると日韓関係は一触即発のようで、今後、在韓日本人がどんな被害にあうかわからないというような雰囲気でした。今回は息子も同行するので、息子を危険にさらすわけにはいかないと、戦々恐々としてしまい、本当に行っても大丈夫なのだろうかと前日まで大きな不安で落ち着きませんでした。しかし、学会ではパネル発表なので、自分だけ行かないわけにいかず、結局、行くしかないということになりました。

 ソウルに着いてもあまり日本人っぽくしないほうがいいだろうと、空港に着いてから、息子とも英語で話すようにしていました。ところが、空港から市内ホテルへのシャトルバスに乗ろうとしていた時、係員の男性がとても親切に片言の日本語で話しかけてくれて、あれこれと面倒もみてくれたのです。反日感情の片鱗も感じませんでした。そこで、一旦、ほっとしました。

 幸いなことに、その後も、滞在期間を通してずっと、現地で会った韓国の人たちはみな、大変やさしく親切で、日本人に対する敵意のかけらも感じることがありませんでした。学会で会った韓国の人たちとも、「ロンドン・オリンピックのサッカーの試合以降、日韓関係がたいへんなことになっちゃったね」と言いながら、お互いに笑って終わりでした。日本にいる時に報道から感じ取られた緊迫感やあからさまな反日感情は、現地では全く感じることはありませんでした。今後も、領土問題で政府同士がもめていても、一般人レベルでの友好関係は続いてほしいものです。

 さて、学会ですが、難民の権利問題がテーマで、私は友人である梨花女子大学のLee Jieun先生に誘われて、韓国のグループによるパネル・ディスカッションのスピーカーの一人として参加しました。テーマは難民問題とコミュニティ通訳で、私はコミュニティ通訳の概念や通訳者の倫理や役割について解説するとともに日本における難民審査時の通訳の問題について発表しました。

会場
会場風景

 Lee Jieun先生は、実際の難民審査の生の音声データを用いた、通訳プロダクトについての分析結果を発表されましたが、そのような音声データが研究者の手にわたることなど日本では考えられず、たいへん驚きました。日本の裁判所や入管の難民審査での音声録音などは、外部の人間が借り出すことは不可能だし、弁護士などが通訳の正確性を争点に控訴審を戦おうとするような時でも、過去の録音を入手するのは骨の折れることです。研究者が言語分析のために使用することは不可能です。Lee先生によれば、裁判官は、通常の裁判の通訳データも提供してくれて、分析結果も参考にしてくれるということでした。

 もう一人の発表者であるKim Jeanieさんは、難民審査の通訳者養成セミナーについて詳しく述べられました。それによると、昨年度から韓国法務省のバックアップのもと、前述のLee先生を中心に企画運営される、難民審査の通訳者を訓練するためのプログラムが発足したとのことでした。法務省の役人が通訳者研修セミナーに参加し、その意義を認め、法務省がバックアップするようになったということでした。韓国は日本に比べて特に難民の認定数が多いわけではないのに、審査の通訳の重要性を認識し、質の保証のために政府機関がかかわっているわけですが、日本の法務省が難民審査の通訳人の養成に乗り出すようなことは現時点では考えられません。

 国際化の進んだ社会においては、外国人がらみの犯罪もあるし、当然のように、認定を求めて難民もやってきます。それに公正に対処するためには、言葉でのコミュニケーションを確立させる必要があります。本気でコミュニケーションが重要だと感じれば、通訳の質にも当然意識が向くはずです。昔から以心伝心の文化を持つ日本では、言葉のコミュニケーションに対する意識が低いのでしょうか。法廷通訳の質の問題がいつまでも手つかずのままです。

高麗大学
会場となった高麗大学 ソウル大学に次ぐ有名校 素晴らしい建物群でした。
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
エッセイ(一般)


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。