スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


2008年11月3日
岡山県国際交流協会で講演

 11月3日の祝日に、岡山県国際交流協会で開催された医療通訳ボランティア・スキルアップ講座で講演をした。コミュニティー通訳概論、医療通訳、通訳トレーニング法と3パートに分けてお話しさせていただいた。参加者の中にはすでに医療通訳の経験をしている人もいて、かなり医療英語に精通しておられるようだった。
 今回は英語通訳者対象だったが、やはり中国語、ポルトガル語の比重が高いようだ。私の講演終了後に、ブラジル人の女性の経験談があったが、この方は若いころ盲腸で手術を受けたそうだ。その際に、自分が一番日本語が出来るので、患者本人でありながら、両親と医師や看護師との間の会話を通訳させられたという。大変なことだ。
 最近は各地で医療通訳養成の動きが活発だ。色々なところに講師として呼んでいただくが、何とかレベル面でも報酬面でもボランティアからプロへと移行できるような体制が整えられないかと、いつも思う。 
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
Diary


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。