スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


通訳のジレンマについて
通訳のジレンマについて

 2001年に『通訳のジレンマ』という本を出版しましたが、「ずっと言いたかったことを代弁してくれた」と、現役通訳者の方たちから非常に好評でした。ある通訳者の友人が言うには、「ジレンマ」という言葉は通訳の仕事を最もうまく象徴する言葉だそうです。通訳者というのは、自分と他者との間の橋渡しをするのが仕事で、自分を出さずに他人のために語るのですから、自己というものを持っている以上、必ず何らかのジレンマに直面します。そういうジレンマを分析する作業を通して、通訳という仕事の本質が見えてくるのです。
 このブログでは、拙著の内容にも触れながら、もう一度、「通訳のジレンマ」について考えていきたいと思います。

 「ジレンマ」ということばですが、司法の場でのジレンマというと、裁判官のジレンマについてはよく取り上げられています。なぜ裁判官がジレンマを感じるのでしょう。例えば、鑑定証人が出て来る時に、裁判官は非常に大きなジレンマを感じると言われます。それは、こういうことです。裁判官というのは法医学をはじめとする色々なことがらに関して専門家ではないので、自分で判断を下すことが出来ないから、鑑定証人を呼びます。でも、鑑定証人の証言に基づいて判断を下すのは、やはり自分です。つまり、わからないから鑑定証人を呼ぶ一方で、自分が判断を下さなければならない。これが大きなジレンマであると感じている裁判官が多くおられるということです。 
 また、アメリカの通訳論の本を読んでいましたら、”Judges’ dilemma”(裁判官のジレンマ)という大きな項目がありました。それは通訳に関することでした。判事たちは、自分たちが言語がわからない、つまり英語しか話せないから通訳を雇わなければならない。しかし、言語がわからない自分たちが、言語を通訳する人を選ばなければならない。それが大きなジレンマである、ということでした。
 このようなことは、司法通訳人に関しても言えるのではないかと思います。鑑定証人が出てくる場合を考えてみます。通訳というのは、内容がよくわからないと訳せません。ところが、鑑定証人が出てきて、色々と専門的なことを話します。そして、通訳人は、それをその場ですぐ訳すことを求められます。でも、内容についてよくわからない通訳人がそれをその場で訳すことには無理があります。例えば、会議通訳の場合は、前もって勉強する機会が与えられます。資料もたくさん来ます。ところが、司法通訳の場合は、守秘義務もありまして、どんな鑑定の内容が法廷で話されるのかというようなことは教えてはいけないことになっています。多少は教えてもらえるかもしれませんが、細かい核心部分については前もって知ることは出来ません。その微妙な部分が争点となって、審理のゆくえに影響を及ぼすことがありますので、公判の日までは、秘密にしておかなければならないのです。そうなると、前準備がしてあってはじめて、通訳はしっかり訳すことが出来るのに、前準備が何もない状態で公判に臨んで訳さなければなりません。ここにジレンマがあります。守秘義務を優先するか、正確な通訳を優先するか。つまり、体制自体が持つジレンマということになります。これが、司法の場での通訳のジレンマの1つの典型でしょう。
 拙著『通訳のジレンマ』では、大きく分けて3つのタイプのジレンマについて述べました。その3つとは「インサイダーとアウトサイダーのジレンマ」、「透明人間と解説者のジレンマ」、「人間と道具のジレンマ」です。このブログでは、通訳者が直面するジレンマというものについて、いくつか例を挙げながら、様々な角度から考えてみたいと思います。


スポンサーサイト
Makiko Mizuno
エッセイ(通訳のジレンマ)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。