スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


異文化伝心 (10)
「ホスト」か「ホステス」か

 「異文化伝心 9」でご紹介したニューハーフの被告人の裁判には、もう一つエピソードがあります。人定質問でのことです。
 人定質問とは、裁判のはじめに、被告人の名前や住所、職業など、起訴状記載の内容に間違いがないかを確かめる手続きです。その際、裁判官が「あなたの職業は?」と尋ねると、被告人は「ホステスです。」と答えました。すると、裁判長はじっと起訴状を見た後、こう言ったのです。
「ここにもホステスだと書いてありますが、これは間違いでしょう。なぜなら、君は男でしょう。男の場合はホストじゃないんですか。」
ニューハーフの被告人は、それを聞くと、ひどく傷ついたような表情で、
「いいえ、私はホステスです。」と言い張りました。
「でも、英語のホステスは女性形ですよ。男性の場合はホストが正しいんですよ。君が実際は男である以上、ホストでないといけないと思います。ねえ、通訳人の方、そうでしょう。」と、裁判長は、あくまで譲りません。
 私は非常に困りました。確かに英語ではそうですが、日本語の「ホスト」と「ホステス」は英語とは微妙に意味が違います。オカマバーで、女性の格好をしていれば、男性であっても「ホステス」だと言えます。でも、被告人は英語で話している中で「ホステス」という言葉を使ったのだから、その”HOSTESS”という単語を使うことで、自分の性別を偽ることになる、というのが、裁判長の理屈でした。
 結局、被告人の職業は「日本で言うところのホステス」ということで収まったのですが、このエピソードは法廷というところの持つ性質を端的に表しています。「一切誤解の生じる余地のないほど正確に」という目的を達成するために、法廷では普通の常識では考えられないようなやり取りが行われることがあります。

 アメリカの法廷速記記録の中から、実際のやり取りで滑稽極まりないものを選んで本にした人がいます。(Mary Louise Gilman: “Humor in the Court”) その中からいくつかご紹介します。英語で楽しめない方は日本語訳のほうをどうぞ。

Q: Now, Mr. Johnson, how was your first marriage terminated ?
A: By death.
Q: And by whose death was it terminated ?
問:さて、ジョンソンさん、あなたの最初の結婚はどのようにして幕を閉じたのですか。
答:死によってです。
問:どちらが(あなたと奥さんの)亡くなったのですか。

Q: Were you acquainted with the deceased ?
A: Yes, sir.
Q: Before or after his death ?
問:あなたは死者とは知り合いだったわけですね。
答:はい、そうです。
問:(知り合いだったのは)彼が亡くなる前ですか、後ですか。

Q: What happened then ?
A: He told me, he, says,” I have to kill you because you can identify me.
Q: Did he kill you ?
A: No.
問:その後、どうなったのですか。
答:彼はこう言いました。俺の顔を覚えているだろうから、お前を殺さなきゃいけない、と言ったんです
問:彼は、あなたを殺したんですか。
答:いいえ。

Q: Doctor, before you performed the autopsy, did you check for a pulse ?
A: No.
Q: Did you check for blood pressure ?
A: No.
Q: did you check for breathing ?
A: No.
Q: So, then it’s possible that the patient was alive when you began the autopsy ?
A: No.
Q: How can you be so sure, Doctor ?
A: Because his brain was sitting on my desk in a jar.
Q: But could the patient have still been alive nevertheless.
A: It is possible that he could have been alive and practicing law somewhere.
問:先生、司法解剖をする前に、脈を測りましたか。
答:いいえ。
問:血圧は測ったんですか。
答:いいえ。
問:呼吸は。
答:いいえ。
問:それなら、あなたが司法解剖を始めた時には、患者が生きていた可能性があるわけですね。
答:いいえ。
問:どうしてそんなに確信を持って言えるのですか、先生。
答:彼の脳みそがビンに入って私のデスクの上にあったからです。
問:でも、たとえそうだったとしても、やはり彼が生きていたとういう可能性があるのではないでしょうか。
答:彼が生きていて、どこかで法律家の仕事をしているという可能性はありますね。
    (そんなばかげた質問をするあなたがた法律家には脳みそがあるんですか、という皮肉)

いかがでしたか? 
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。