スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


朝日新聞「私の視点」に原稿が掲載されました
 6月27日土曜日の朝刊に、朝日新聞の「私の視点」に原稿が掲載されました。
 内容は法廷通訳に関するものですが、制度論からは離れて、通訳者の訳し方そのものにもっと注意を払うべきだという主張をさせていただきました。特に裁判員制度が始まった今、通訳の訳し方によって一般人である裁判員が受ける印象が変わるという事実にもっと目を向けないと、思わぬ落とし穴が待っていることを、人はもっと知るべきだと思います。
 これまで裁判所が行ってきた通訳付き模擬法廷でも、通訳の訳し方が及ぼす影響についてまで検討する余裕がなかったようです。検討された内容は、訳し方のタイミングや座る位置、休憩の入れ方など、通訳内容そのものには関係ないことがらや、通訳人にとってどういう内容が訳しにくかったかというような点に、法律家の意識が集中していたようです。
 そこには、通訳人の口から出た言葉が本当に被告人の言ったことなのか、というごく当たり前の疑問すらなく、言語分析の研究をしている私たちから見ると、大変恐ろしい事態が進行中と言わざるをえません。
 たとえば、同じ内容の発言なのに、通訳人が大きな声で自信たっぷりに訳した場合と、小さな声で遠慮がちに訳した場合とでは、それを聞く側の印象は明らかに異なったものになります。また、「取った」と訳すのと「奪った」と訳すのでは、「奪った」のほうが、犯罪を想起させる度合いが高くなります。
 これまでとは異なり、一般人である裁判員が裁く裁判では、このような言語の影響をもっともっと検討していく必要があります。通訳人がスムーズに訳しているということが、そのまま被告人に対する正しい情報を伝えているということにはなりません。どのように訳しているかをしっかり見極めていくことが、通訳付きの裁判で正しい司法を実現するための重要な要素だと思います。
 そういう意味で、5月に立ち上げた法と言語 学会を中心に、「法言語学」という学問領域が今後発展していくことを願っていますし、そういう学問に対して法律家の関心も高まってくることを期待しています。
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
Diary


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。