スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


外国人事件の裁判員裁判
 9月8日に外国人を被告人とする裁判員裁判が埼玉で行われることになりました。フィリピン人の事件だということですが、全国初ということで、各方面から大きな注目を浴びています。

 これまで、要通訳事件で、通訳人の介在が裁判員の判断にどのような影響を及ぼすかという実験をやってきましたが、ちょうど9月5日6日に行われる日本通訳翻訳学会の年次大会で、コミュニティー通訳分科会のプロジェクトとして、この問題を取り上げた新たな実験を行うことになっています。あまりにもグッド・タイミングで、ちょっと驚いていますが、マスコミの取材もいくつか入ることになりました。

 今回の実験では、弁護人質問の場面でいくつかのシーンを取り上げ、それぞれに複数の異なる通訳バージョンを用意し、それを録画したDVDを見せて、その印象についてアンケート調査をするというものです。

 この実験に先がけて、過去2年間にわたり、模擬法廷を行ってさまざまなデータを取ってきましたが、このような研究が最近注目され始め、私が企画したプロジェクトも、文部科学省の研究助成金(科研費)の対象になりました。また、一緒に「法言語学」という学問分野の発展に向けてがんばっている研究者たちのプロジェクトも、科研をはじめ各種助成金の対象となっています。

 裁判員制度導入が、「法廷コミュニケーション」という1つの学問領域の発展のきっかけとなりました。今後、多くの優れた研究成果が生みだされていくことが期待されます。私も、法廷通訳の問題を軸に、この研究の発展に貢献できるよう、がんばりたいと思っています。

 
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
「司法通訳」新情報


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。