スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


法廷での反省表現
asahi 9.7〈9月7日朝日新聞〉

 外国人が被告人となる裁判員裁判が各地で行われるようになってきました。9月8日からさいたま地裁で行われたフィリピン人の強盗致傷事件が第一号でした。以前、朝日新聞の「私の視点」に、通訳の訳し方が裁判員に与える影響について書いた記事が載ったこともあり、関東の多くの新聞社から取材を受けました。

 法廷で通訳人がどのように訳すかによって、裁判員にどのような影響が及ぶかを探るのが私の研究課題ですが、9月6日に日本通訳翻訳学会の年次大会で行った法廷実験でも、わかったことがありました。それは、法廷での「反省」に関わることです。

 法廷実験では、強盗傷害の罪で起訴されているスペイン語を話す被告人の証言に対して、いくつかの異なる通訳バージョンのDVDを用意して、参加者に見てもらい、その印象を問うアンケートに答えてもらうという形で行いました。反省に関わる場面では、スペイン語で「判断力を失った」という意味の「頭を失った」という表現を、通訳人が直訳した場合と、「どうかしていました」というように意訳したものの2通りあったのですが、やはり、通訳者が文化特有の表現を、そのニュアンスどおりに訳したものの方が、被告人の反省度や信頼性などに関してポイントが高くなりました。直訳してしまうと、弁護人がその意味を問う質問を繰り返さざるをえなくなり、聞いている人には言い逃れをしているように聞こえたりするのです。

 実験では、他にもいくつかの分析ポイントが盛り込んでありました。たとえば、自分が行った犯罪に対して「残念です」と言うのと「申し訳ありません」と言うのとでは、後者のほうがポイントが高く、「残念です」は反省しているようには見えない、というような感想もありました。元のスペイン語は、どちらの日本語表現にも訳せるということですから、このような場合、通訳人が裁判員の心証を作り出してしまっていると言えましょう。

 また、似たような状況で、「許してください」と「申し訳ありません」の対比があります。やはり後者のほうが印象がいいようです。どうも、日本人にとって、「申し訳ないことをしました」というのが、一番受け入れやすい反省のことばのようです。

 日本の法廷文化として特徴的なのが、被告人を裁判でいかに反省させるかが非常に重要視されることです。重大事件の犯人が被告人の場合、裁判で反省の気持ちを示したかどうかが問題となり、反省しない場合、新聞などで「被告人は最後まで反省の言葉を口にしなかった」というように報道されるのです。そういうことにニュース・バリューがあるのです。

 深い悔悛の気持ちを表す被告人に対し、裁判員の評価が上がることは当然予測されることです。そういう意味で、通訳人の責任は重大です。

 (他の法廷実験関連の記事は、こちらのサイトをご覧ください。)



スポンサーサイト
Makiko Mizuno
エッセイ(一般)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。