スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


漢字に関わるジレンマ
漢字に関わるジレンマ

 先日、東京で裁判員裁判における法廷通訳をテーマに、研修会が行われた。私も主催者側のコア・メンバーだった。この研修の1日目は模擬法廷だったが、中国語を話す被告人という設定で、中国語の通訳人が付いた。 

 通訳人役を務めたのは台湾出身の女性だったが、彼女は日本での生活が非常に長く、ほとんど日本人と変わらないくらいの日本語の能力がある。司法通訳人としても大ベテランで、日本では1,2を争う実力の持ち主だ。そんな彼女であったが、今回の模擬法廷で、スムーズにいかない箇所がいくつかあった。彼女が言うには、法廷で使われる用語には漢語的な表現がたくさんあるが、日本では、中国語圏とは異なり、違う漢字でも発音が同じになっているので、どの漢字なのか判断に迷うということである。模擬法廷で「現場に血痕様のものがあった」という表現が出たが、「血痕」はわかったけれど、「よう」とはどの「よう」なのか、やはり日本語のネイティブ・スピーカーでない彼女には難しかったようだ。

 実際、多くの日本語のネイティブ・スピーカーでない人が司法通訳をやっているが、日常語とは異なる表現は悩みの種になっている。上の例でも、もしかしたら「けっこんよう」を「結婚用」だと思ってしまう人もいるかもしれない。「血の痕のような」と言ってあげれば間違うこともないのに、あえて難しい表現を使うのが法廷だ。

 笑い話になっているが、「ここは接見禁止です」と言われて「ここは石鹸を持って入ってはいけません」という意味だと思った人がいたそうだし、「諸般の事情をかんがみて」という表現を、「初犯なので、それを考慮して」という意味に訳した通訳人が実際にいたそうだ。このような同音異義語は、たとえ日本人であっても、間違いを犯す可能性は十分ある。

 ところで、この模擬法廷の被告人質問で、被告人が人を殴ったときの話になったが、彼は拳を突き出して、何やら中国語で言った。私の耳には「・・・・シャオリン・・・」という部分しか聞き取れなかった。そして、私は「まさか」と思ってしまった。「少林寺拳法」で殴ったと言ったと思ってしまったのだ。「それはまずいだろう。自分に不利になるのに・・・」などと思っているうちに、通訳人がこう訳した。「はい、小林さんを殴ってしまいました。」少林寺拳法の少林ではなくて、小林さんだったのだ。中国語では固有名詞でも何でも中国語読みにする。

 後で通訳人にこの話をしたら、彼女は笑いだした。そして、「小林」と「少林」は、中国人にとって発音はまったく違うと言った。そして、違いをデモンストレーションしてくれたが、私にはあまりよくわからなかった。中国語の発音は、現代日本語の乏しい発音体系では到底カバーし切れない。同音異義語が多いはずだと大いに納得した。

(中国語を熱心に取り入れていた古代では、日本語の発音はもっと複雑で、漢字によって微妙な発音の違いもあったようである。)
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
エッセイ(通訳のジレンマ)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。