スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


大津地裁 要通訳裁判員事件傍聴記
 去る10月26日から、大津地裁で滋賀県で初の裁判員裁判が行われました。被告人はブラジル人の強盗傷害事件で、ポルトガル語の通訳がきました。私は2日目の午前中に傍聴に行きました。滋賀県で初めての裁判員裁判ということで、マスコミの注目を浴びており、傍聴も抽選になることは予想がついていました。9時までに並んで整理券をもらい、その後抽選ということでしたので、9時10分前に行ってみますと、すでに長蛇の列です。並んでいる人たちの多くは学生アルバイトで、新聞社に雇われたもようです。9時の締切り時には、結局140人くらいおり、47席をめぐっての抽選となりました。私の整理券の番号は55番。「ゴー、ゴー」、「行け、行け」、きっと大丈夫だ、と思いましたが、案の定、3分の1の確率をクリアーして、みごと、傍聴券を獲得しました。
 
 その日の公判は、証人尋問と被告人質問でした。通訳の訳し方に関心のある私にとっては、一番のハイライトになる部分です。どんな質問があり、通訳がどう訳したか、出来る限り正確にメモしていき、後で分析するのです。

 裁判ではポルトガル語の通訳人が2人ついていましたが、タイプの違う通訳でした 証人尋問を担当した一人目の通訳人は、メモをほとんど取らず、証人の顔を凝視しながら、ほとんど一言ごとに訳していこうとしていました。そのため、全体の流れがわかりにくいものでした。もしかしたら、証人の言葉が非常にわかりにくく、そうするしかなかったのかもしれません。

 被告人質問を担当した通訳人は、逐次通訳の基本に則り、きちんとメモも取り、1つの発話がいくら長くなっても、質問と答ごとに訳していましたので、とてもわかりやすい通訳でした。ただ、言い淀みが非常に多く、被告人自身がそのような話し方をしていたのか、通訳だけがそうなったのかわかりませんでしたが、ためらいながらしゃべっているという感じが気になりました。

 法廷通訳言語分析は私の研究テーマですが、言い淀みの多い通訳がついた場合、裁判員の持つ印象が変わるかどうかについて実験したことがあります。その結果、普通に訳した場合と言い淀みが多い場合では、後者のほうが被告人の知性や証言の信頼性に対する評価が低くなることがわかりました。今回の裁判で、そのような訳し方が裁判員の印象や判決に何か影響を与えるかどうかを知ることはできませんが、やはり、要通訳裁判では見過ごしてはならない要素だと、あらためて思いました。

 
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
Diary


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。