スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


学生通訳コンテストが開催されました
 12月5日に名古屋外国語大学主催の第3回学生通訳コンテストが同大学で行われました。金城学院大学の私の通訳ゼミ所属の学生も参加しました。第3回目でしたが、これまでで一番学生のレベルが高かったような気がします。1位に輝いたのは、名古屋外大の学生さんで、かなりの実力を見せてくれました。2位は、神戸市外国語大学、3位は東京外国語大学でした。それぞれ、たいへん良いフォーマンスでした。私の学生も、3位までには入れなかったけれど将来に一番期待が持てる学生に与えられるJapan Times 特別賞を受賞できました。
 彼女はこの2ヶ月間、私の研究室に通って練習し、家でも本当によく勉強しました。正直言って、本番になったら緊張してしまってフリーズするのではないかと心配でしたが、やはり自分で納得がいく準備をした上で臨んだ本番だったようで、とても落ち着いていて、通訳にもベストを尽くすことができました。あれだけ頑張っている彼女を見てきたので、受賞が発表された瞬間、思わず涙が出ました。今回のテーマは司法制度で、かなり難しかったと思いますが、参加学生のみなさんは、本当によく頑張っていました。
 金城学院大学から、私のゼミ生を中心に50名ほどの学生が見学にきていましたが、大変刺激をうけたようです。今日(7日)のゼミの授業でも、コンテストの事や通訳についての質問責めに遭いました。勉強に対するモチベーションも高まったのは、本当にいいことです。
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
Diary


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。