スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


法律用語という異文化
 12月12日に金城学院大学で「法と言語 学会」の第1回研究大会が開かれた。まだ生まれたばかりの学会で会員も少ないので、二十数名の小ぢんまりとした集まりだったが、会長の基調講演、実務家を中心とするシンポジウム、個人研究発表は、それぞれ中身は充実していた。参加者も研究に熱意のある人が多く、第2回以降の研究大会にも大いに期待が持てそうである。
 さて、基調講演では、日本の法言語学の草分けである高崎経済大学の大河原眞美先生が、法律用語と一般用語との違いや、司法の現場での言葉の使い方に関する興味深い話をされた。それを聞きながら、私自身が過去10年にわたり、「日本司法通訳人協会(2006年解散)」研修会での法律用語の解説で取り上げていた内容と共通の部分が非常に多いことに気付いた。私は「司法通訳」という観点から用語の研究をしていたのだが、やはり、気になることは同じだったということである。
 法律用語の勉強をしていると、これまでの人生の間、「この言葉はこういう意味である」と疑いもなくずっと信じていた言葉の意味が、実はそれとはまったく違うのだということを教えられ、「目からうろこ」の経験をすることが多い。いくつか紹介しよう。
 私たちは、「善意の第三者」というような表現をよく耳にする。一般的には、「善意」「悪意」という言葉を使う場合、よい事、あるいは悪いことをしようとする意志を想定する。「善意の人」といえば、英語では” a person of good will”と訳す。「悪意に満ちた表情」であれば、”a look full of malicious intent”のような表現になるだろう。ところが、法律上、「善意」「悪意」という言葉は、それとは全く違う意味を持っている。「善意」は、「ある事実を知らない」という意味で、「悪意」は「ある事実を知っている」という意味なのである。そこにあるのは、知っているか知らないかということだけであって、道徳的な意味での善悪の判断は入らない。
 昔、「善意の第三者」という表現を聞いたとき、変だなと思ったことがあった。どんなに性格の悪い、いやな人間でも「善意の第三者」と言われるのに違和感があったのである。また逆に、「悪意を持って土地を占有した」というような表現は、別に邪悪な気持ちでやっているわけでもないのにオーバーな・・・、というように感じたこともあった。だから、司法通訳人協会の研修会で、弁護士さんからこれらの言葉の法的意味を教えていただいたとたん、そういったモヤモヤが解消して、まさに、「目からうろこ」の気分になったわけである。
 だが、その時、一瞬ギクリとしたことも確かだ。なぜなら、その日まで私は、「善意」「悪意」を別の意味だと理解していたわけである。ということは、もし、司法に関する場面でその言葉を通訳しなければならない状況にあったとしたならば、100%誤訳をしていた、ということになる。「悪意を持って」と言われれば、十中八九 ” with malicious intent “と訳していただろう。研修会の時も、弁護士さんがこう言った。「『悪意』を英語で訳すときには” knowingly “(知りつつ)だけにしておいて下さいね。決して余計なことを付け加えないように。」
 このような例は他にもある。例えば「情を知らない」という表現だが、法律用語を知らない人にこれを読ませると、ほとんど例外なく「なさけをしらない」と言う。そして、「冷淡な」とか「優しくない」というような意味だと考えるようだ。ところが、司法の世界では、これは「じょうをしらない」と読み、意味は「事情を知らない」ということである。例えば、飛行機で大麻入りの荷物を持ち込もうとしたような場合、荷物係がその荷物を大麻入りだと知らずに飛行機から降ろすという状況を、「情を知らない係員をもってして、これを機外に取り降ろさせ」と表現する。
 このように、司法の世界で使われる言葉は一種独特の意味を持ち、通常の使い方とは違うことが多い。まさに、法律の世界は、言葉の上で、私たちの日常とは「別文化」に属していると言えよう。
 中国語で「手紙」と言えば、「トイレットペーパー」のことだ。同じ漢字文化に属していても、両言語の間には、このような違いがたくさん存在する。これと同じように、法律用語の世界には、同じ日本語の世界にいながら異文化を感じることが多々あるのである。

 
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
エッセイ(一般)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。