スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


シンポジウムのお知らせ
 第1審の通訳が問題になって控訴されている「べニース事件」については、当ブログその他で色々な形で取り上げられています。いよいよ6月2日に公判が開かれますが、鑑定書という形で表明された言語学者の意見を法律家がどの程度受け入れるのか見ものです。

 今回、法と言語学会・法と言語科学研究所共催でシンポジウムを行うことになりました。「司法過程における言語鑑定の在り方」がテーマです。法廷通訳の問題だけでなく、様々な分野で法言語学者の知見が有効に利用されうることについて、各分野の専門家が議論します。



日本学術振興会科学研究費補助金・新学術領域研究
「裁判員裁判における言語使用と判断への影響の学融的研究」公開シンポジウム

          法言語学の将来像

-司法過程における言語鑑定のあり方-


日時: 2010年6月13日 12:30~17:00
場所: 明治大学駿河台キャンパス・リバティタワー16階1166

第一部 「言語学鑑定の利用に向けた課題と展望」
英米では様々な司法過程で言語学者の知見が鑑定として利用されることは珍しくない。しかし、我が国では言語学鑑定が利用はごく限られた形でしか行われてきていない。このパネル・ディスカッションでは、言語学鑑定の利用に向けた制度的・運用的課題と今後の展望について、刑事訴訟法の研究者および社会科学の中でも最も頻繁に鑑定に利用されている法心理学の研究者を交えて討論する。

パネリスト 指宿信(成城大学法学部教授・法と心理学会副理事長)
藤田政博(関西大学社会学部准教授・法と心理学会理事)
大河原眞美(高崎経済大学大学院地域政策研究科長・教授・法と言語学会会長)
司会 堀田秀吾(明治大学法学部教授・法と言語科学研究所所長)

第二部 「法廷通訳の正確性と鑑定について」
2002年の「ニック・ベイカー事件」と2009年の「ベニース事件」は、従来型裁判と裁判員裁判という違いはあるが、控訴において第一審での 司法通訳の正確性が争点となり、通訳の正確性に関する鑑定書が提出された事件である。担当弁護士がそれぞれの事件の詳細について紹介すると同時に、両裁判 の鑑定人が通訳の正確性の鑑定とはどのようなものか、そのポイントについて解説する。そして、通訳に関する鑑定のあり方について、全体で議論する。

パネリスト 宮家俊治弁護士(第二東京弁護士会)
渡辺修弁護士(大阪弁護士会・甲南大学法科大学院院長・教授)
水野真木子(金城学院大学文学部教授・法と言語学会副会長)
司会 中村幸子(愛知学院大学文学部准教授・法と言語学会理事)

共催: 法と言語学会・法と言語科学研究所
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
「司法通訳」新情報


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。