スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


Critical Link 6 参加とバーミンガムの法廷ツアー
7月25日から8月2日にかけて、イギリスのバーミンガムで開催されたコミュニティー通訳の国際学会であるCritical Linkの第6回大会に参加してきました。今回は前回に比べ、日本からの参加者も多く、日本のプレゼンスが高まったと思います。

私は個人発表(共同)とパネルの両方に参加しました。多くのセッションが並行して行われるので、聞きに来てくれた人は少なかったけれど、司法通訳の研究で有名なイスラエルのRuth Morris先生を始め、研究者として非常にレベルの高い人たちが集まり、質疑応答などを通して大変すばらしいフィードバックが得られました。

また、韓国や香港の研究者で、私たちと同じように司法通訳の言語分析をやっている人たちと親交を深めることができ、今後のアジア(特に東アジア)の研究者の情報交換の場を構築するという構想の土台ができました。それが一番の収穫でした。

バーミンガム裁判所 small 2


第1日目にバーミンガムの法廷見学のツアーに参加しましたが、裁判所は歴史的に価値のある本当に素晴らしい建物で、そのことだけでも感激しました。そこでは、Magistrate Court(治安判事裁判所)の裁判を見ましたが、これは軽犯罪を裁く裁判で、本物の法律家ではなく、市民を代表する一般の人が裁判官の役割を果たします。ですので、判決はまさに市民的感覚で行われ、「本当は罰金50ポンドだけど、2日も警察にいたから、チャラにしてあげる」とか、「罰金は分割でいいけど、今日は取りあえず20ポンド払いなさい。」「今日は持ち合わせがないんです」「えー!お金も持たずに裁判に来たの?」などというやり取りが裁判長と被告人の間で交わされます。誰が裁判官かによって、同じことをしてもずいぶん判決内容が異なるそうです。

ここでの法廷傍聴中に面白いことが起こりました。トコロテン式に次々と被告人が出てきて、すぐに判決が下るのですが、たまたま外国人の被告人だった時に、警察か通訳人の手配を忘れていました。でも、特にあわてた様子もなく、通訳人がいないまま、裁判は行われました。裁判長は「ゆっくり話せば英語はわかるね」と言うと、被告人は「イエス、イエス」と言います。外国人の中には何もわからなくても「イエス」と言う人は多く、その時も被告人の顔を見ていると、とても内容が分かっているようには感じられませんでした。分からない言葉は、いくらゆっくり話しても分からないものです。検察官のいかにも検察官らしい英語表現など、分かるはずもありません。でも、裁判は、被告人が理解したものとして最後まで行きました。もちろん、たいした犯罪ではないので、後でソリシター(事務弁護士)が説明すればそれですんだでしょう。その時ツアーで傍聴していた私たちは、世界各地から集まった司法通訳の研究者たちです。奇しくもそのタイミングでそういうことが起こったので、恰好の話題となり、後でそれで話が盛り上がりました。

7年ほど前に法務省の委託でイギリスの司法通訳制度の調査を行ったのですが、その時に、通訳の手配はしっかりしたシステムによって行われていることを学んだのですが、そんなイギリスでも、このようなミスがけっこう起こっているということなのでしょう。もちろん、Magistrate Courtのレベルだったから、通訳なしでも裁判をやってしまったということでしょう。でも、本来は、通訳なしに英語が分からない外国人被告人を裁くことは法律違反のはずなのですが・・・。

crown court small


Magistrate Court のあと、Crown Court(王立裁判所)も見学しましたが、ここでは、プロの法律家による普通の刑事裁判が行われます。法服とウィッグを身に付けた法律家たちの格調高い弁舌を聞くことができました。Magistrate Courtでは、裁判官は普通の服装だし、話し方についても、ごく普通の市民同士が話しているような場面が多いです。Crown Courtはまったく別世界の感じで、いかにも「イギリスの法的空間」らしい雰囲気です。そのようなところで通訳するのは、かなり難しいだろうなと感じました。「法的空間」における言語使用が非常に独特のものであり、それが法律家を法律家たらしめているという現象が世界共通であることを再認識しました。



スポンサーサイト
Makiko Mizuno
Diary


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。