スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


異文化伝心(20)
現代医療と言霊(ことだま)の力 

 数年前、アメリカのワシントン州の医療通訳認定制度の調査のためにシアトル市を訪れたことがあります。海辺の風光明媚な町で、魚介類がとてもおいしい所です。また、シアトル・マリナーズの本拠地ですから、至るところにマリナーズ関連のグッズが売られています。一面が巨大なICHIRO選手の映像になっているビルもありました。

 ワシントン州はアメリカで最初に公的な医療通訳者認定制度が発足した州です。南米からの移民が多いのは他の州と同じですが、ベトナム、カンボジアなどのインドシナ難民の流入も多く、言葉の問題が深刻だったこと、また、州の経済事情が良好で、予算的に余裕があったことから、他の州に先駆けて医療通訳の体制を整備することが可能だったということです。

 さて、医療通訳の調査の中で、色々と面白い話が聞けました。医療通訳の世界では”Cultural Competence”(文化的な能力)、つまり、文化的な違いをよく知り、それをうまく処理する能力が一番大切だということを、関係者がみな強調していましたが、1つ興味深い例が挙がっていました。それは、ネイティブ・アメリカンのナバホ族のことです。

 通訳は、一般的に、一人称で話すことになっています。つまり、話し手が「私は・・・・・・しました。」と言えば、通訳者も、やはり、別の言語で「私は・・・・・・しました。」と言わなければなりません。通訳に慣れていない人は、このような場合、つい、「彼は・・・・・・しましたと言っています。」のように「報告形式」で訳してしまうことがあります。そのようなことのないように、通訳者は、ちゃんと一人称で訳すよう、訓練されるのです。

 ところが、ナバホ族の場合、そのようなルールを当てはめることは無理だということです。ナバホ族の間では、言葉は魔力を持つものであるという考えが根強く、言葉に出してしまうとそれがそのまま現実のものとなると信じられているのです。ですから、もし患者が「私は心臓が悪い」と言った場合、通訳者が「私は心臓が悪い」と訳すと、通訳者自身の心臓が悪くなると考えるわけです。そういう理由で、もし患者が「私の癌はよくなるのか」と言ったら、「この人は自分の癌がよくなるのかと言っています」というように、「報告形式」で訳すしかないのです。

 医者も気をつけなければならないことがあります。例えば「あなたの場合、手術をしても障害が残ることがあります」というように、その患者を対象に語ると、患者はそれがそのまま自分の上に降りかかると考え、恐怖を感じるそうです。このような場合、医者は「あなたと同じような問題を抱えている人の場合、手術をしても障害が残ることがあります。」というように、第3者のことを話しているような形を作らなければならないということです。

 この話を聞いて思い出したのが、日本の「言霊」(ことだま)の概念です。古代、言葉に宿っている不思議な霊力が働いて、言葉どおりの事が起きると信じられていました。日本のことを「言霊の幸ふ国」(ことだまのさきはうくに)、つまり、「言霊の霊妙な働きによって幸福をもたらす国」と呼んでいたこともありました。

 今でも、私たちは、何か良くないことを想像し、それを口に出すと、なんとも言えない不吉な感覚に捉えられることがあります。口に出そうとして、ふと、ためらうこともあります。言ってしまうと取り返しの付かないことになるというような、漠然とした不可思議な不安を感じることがあります。言葉というものは、そういう意味で、不思議なパワーを備えたものです。

これは脳の仕組みとも関係があるようです。よく、強く念じたことは実現すると言いますが、人間は、何かを強く心に思うと、脳が、それが実現する方向に向かうための情報を選択して集めるらしいです。そして、何かを口に出すということは、自分の想念を明確にするということに他ならないのです。口に出すことで、自分の思いをさらに強固にするということです。このように考えると、言葉に表したことが本当に起こるという考えも、非科学的だと一概に決め付けることは出来ません。

 ナバホ族の場合も、近代的な医療機関である病院にやってくるのですから、現代医療を否定しているわけではないし、むしろ頼りにしているわけです。でも、「言霊のパワー」もまた、彼らにとっては、否定できない1つの真実なのです。私たちが「俗信」とみなしている事柄も、彼らにとっては根拠のある一種の科学かもしれないのです。

 先進的な医療機器に囲まれた診療の場で、医者や看護士が患者の文化をしっかり尊重している姿は、一種の感動を呼び起こします。そんな中で本当のコミュニケーションが生まれ、正しい診断と治療につながるのだと、アメリカの医療通訳関係者は口をそろえて言いました。
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。