スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


異文化伝心 その(3) 
インフォームド・コンセントと通訳

映画「サウンド・オブ・ミュージック」で有名な女優ジュリー・アンドリュースが1999年に医療訴訟を起こしていることを知っている方は多いでしょう。2年前に受けた声帯ポリープの手術が失敗し、声が出なくなって歌手生命を奪われたとして、ニューヨークの病院と医師を訴えた事件です。
彼女の場合、良性のポリープだったので、特に緊急に手術をする必要もなかったけれど、医者が、「簡単な手術だ。すぐに治って、前よりもいい声になるでしょう。」と言うので、ツアーのスケジュールがあることだし、早く治してしまおうと、手術に踏み切ったようです。ところが、結果は失敗で、声が出なくなってしまいました。この場合、医者が手術にともなうリスクを告知しなかったということで、訴訟になったわけです。
 似たような話をオーストラリアで聞きました。2002年に法務省の委託により司法通訳制度調査のためにオーストラリアに行きましたが、メルボルンでの裁判見学の際に親しくなった法廷弁護士が、通訳ミスが問題になって裁判沙汰になった事件の例として教えてくれました。やはり、プロの歌手がノドの手術を受けたあと声が出なくなって訴えを起こしたというものでしたが、その事件の場合、医者は手術の危険性について話したにもかかわらず、医療通訳者がそれをきちんと訳していなかったことが問題になりました。つまり、医者の側としては、インフォームド・コンセントをしっかり行ったつもりだったのに、通訳がそれを伝えなかったせいで、本人はそのリスクに対する認識のないまま手術を受けてしまった、ということです。
 インフォームド・コンセントは、医療訴訟のキーワードとも言える重要なことがらで、医師の側は、近年、相当神経質になっていますが、それに関する危機感という点で、通訳者との間に温度差があるようです。多くの国で、通訳者のための倫理規定が定められていますが、それには「省略することなく、編集することなく、発言を正確に訳す」ということが必ず明記されています。これを見てもわかるように、医療の場では、通訳者は、医療側の言ったことを全てもらさず訳す義務があります。インフォームド・コンセントのような重要なことがらについては、特にこれが徹底されるよう、通訳者を訓練する必要があることは明らかです。
 インフォームド・コンセントということについては、文化の違いという点でも考えなければならないことがたくさんあります。世界には、アメリカのように、癌などの病気の際に、病名を告知した上で治療に当たるのを習慣とする国や、日本のように、本人への告知があまり望ましいとされていない国があり、医療を取り巻く文化はさまざまです。告知が一般的でない文化から来た人に病名をストレートに告げたりすると、大変なショックになることがあります。文化背景の違う人たちが多く訪れる医療機関は、このような文化的な事情も考慮できる準備が整っていなければなりません。
 通訳者は、唯一、文化の橋渡しが出来る存在ですので、医療を施す側と患者の間に立って、互いによりよいコミュニケーションが出来るよう、手助けをする役割が期待されます。会議通訳などとは違って、人々の生活の場での通訳者は、やはり、ことばを訳すことだけでなく、「サポートし、助ける」という役割も負うべきでしょう。ただし、通訳者にどの範囲までそれが許されるのか、通訳者の倫理として守るべきことがらにも照らして、今後議論されていくべき問題だと思います。
スポンサーサイト
Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。