スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件公判での通訳問題
2011年12月3日に法と言語学会の大会が金城学院大学栄サテライトで開催されました。後半のプログラムは、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件公判での通訳問題に関するミニ・シンポジウムでした。

これは殺人及び死体遺棄事件で、当然裁判員裁判でしたが、2006年から導入されている被害者参加制度により、被害者の家族が裁判に参加し、それが外国人なので通訳がつくという点では、全国初の事件となりました。逃亡中の犯人逮捕のようすなど、事件自体がマスコミに派手に報道され、大きな注目を集めていましたので、裁判にはマスコミ関係者が多く詰めかけていたはずです。

私がこの裁判の通訳問題に関心を持ったのは、1本の電話がきっかけでした。裁判が結審した日だったと思うのですが、大学の研究室にいる私のところに、Japan Timesの記者であるKさんから電話がありました。Kさんは、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件を追う目的で裁判を傍聴していましたが、聞いているうちに、法廷通訳の正確性に疑問を持つようになったということでした。それで、オリジナルのスピーチと通訳の訳出を比較し、疑問に思う点をすべてメモし、それらに基づいて専門家の意見を聞いた上で記事にしようとしておられたのです。

Kさんは私との話の中で通訳エラーをいくつか指摘され、こういう不正確な通訳が法廷で起用されているという実態に対し、現体制の問題点についてコメントして欲しいと言われました。私としては、過去のニック・ベイカー事件やベニース事件の際に述べた点を再び強調するしかありませんでした。つまり、法廷通訳には非常に優秀な人とそうでない人が混在しており、法廷で通訳するに足る能力のない人が、現に多くの誤訳やエラーをしているにもかかわらず、他分野の通訳のように市場メカニズムによって排除されることがないという、現体制の致命的な欠陥についてです。

日本の法廷通訳をめぐる状況で顕著なのは、裁判所が、あるいは法律家たちが、通訳者に対して異様に寛大なことです。会議通訳やビジネス通訳であれば、絶対に二度と雇ってもらえないようなレベルで通訳していても、裁判所からは何も言われません。通訳者のことを「先生、先生」と呼んで持ち上げること自体、外語大学などの先生を呼んできて通訳してもらっていた昔の時代そのままの意識でいることの現れです。通訳者をプロであると認識していれば、そのような呼び方はしないはずです。そして、そのパフォーマンスに対して、もっと厳しくなるはずです。

また、通訳者たちに関しても、一緒独特のグループを形成していて、他の分野の通訳者たちの持っている常識とは異なる常識に基づいて仕事をしている人たちが結構いるようです。一般の通訳とは異なる尺度の最たるものが、どんな長い裁判になっても1人でやりたいと言う人が多いということです。

リンゼイ・アン・ホーカーさん事件の裁判では、法医学的内容が多く扱われ、窒息に関する議論などでは、通訳者がついていけなくて悲鳴を上げたという新聞記事もありました。このような事態が当然予想されるにもかかわらず、裁判所は、通訳人本人が一人のほうがやりやすいと言ったという理由で、2人体制にはしませんでした。これは暴挙とも言うべきことです。プロの会議通訳者なら、このような仕事の場合、必ず複数体制を主張しますし、タイマーなどを使って20分か30分ごとに交代するということを、ごく当然のこととして行っています。

国連によるものをはじめとする様々な研究によれば、通訳者が生理学的および心理的に正常に稼働できる限界は30分だということがわかっています。30分を超えるとミスが出始め、1時間を超えたころになると、一種の虚脱状態に陥ってしまい、自分のミスにも全く気付かず、大変な誤訳をすることもあるということです。これは同時通訳を対象とする研究ですが、法廷という緊張を要する現場で、しかも高度に専門的な内容を扱うのであれば、逐次通訳であっても、これと同様の、あるいはもっとシビアな状況に置かれていると考えてもよいと思います。

長時間の通訳でも1人でやりたいと法廷通訳人が希望する背景には、報酬の問題があるという人がいます。法廷では会議通訳のように拘束時間で金額が決まるのではなく、実際に通訳している時間だけしか支払われないからだというのですが、法廷通訳の報酬に関しては非常に不透明なところがあり、裁判官の裁量で決まることも多いと聞きますので、真偽のほどは明らかではありません。

いずれにせよ、現在のような法廷関係者と通訳人との間のなれあいとも言うべき状況を排し、市場原理にさらされる会議通訳の世界のような厳しさを持たなければ、いつまで経っても不正確な法廷通訳の問題はなくならないでしょう。

ある検察官が、「法廷通訳には会議通訳のレベルを求めていない」と明言しました。しかし、法廷では正確性が第一だということも述べていました。それは矛盾に満ちた発言です。私は法廷通訳が会議通訳に比べてレベルが低いと言いたいわけではありません。ベテランの会議通訳者に決して負けないレベルで仕事をしている人も多く知っています。ただ、会議通訳の世界では完全に排除されるレベルの人も堂々と通訳することができるという異常さを指摘したいだけです。

公正な裁判のために正確な通訳は不可欠です。裁判所、そして法律実務家の人たちが、何とかこの問題に真剣に取り組んで、レベルの高い法廷通訳人が育つ環境を作ってほしいものです。

リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件公判での具体的な通訳エラーについては、ここをクリックし、英字新聞の記事を読んでください。


スポンサーサイト
Makiko Mizuno
Diary


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。