スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


ハワイの法廷通訳人たち
3月末に1週間ほど、ホノルルに法廷通訳関連の調査に行きました。ハワイはすでに何度も訪れていますが、英語の通訳の付く裁判は非常に少ない日本に比べ、日本語-英語間の法廷通訳がつく裁判の数が多く、1回の訪問で複数のケースが傍聴できるので、研究目的で訪れるには最適の場所です。

ハワイ州最高裁前 カメハメハ大王像
最高裁前 カメハメハ大王


今回、3名の日本語-英語間の通訳者を知ることができました。その内の2名は個人的に話をすることができ、ハワイの法廷通訳事情について、たくさんの情報をいただきました。もう一人の通訳者については、個人的に話はしなかったのですが、裁判傍聴を通して、その仕事ぶりをじっくり観察することができました。

うれしいことに、今回、これら3名の通訳者を通じ、優秀な法廷通訳人とはこうあるべきだというモデルを目の当たりにすることができました。とにかく、3名とも、日本語と英語が驚くほどうまく、しかも、通訳の技術も高くて、裁判所から大変高く評価されている人たちでした。

ここで、1つ、傍聴したケースを紹介しましょう。個人的に知り合いになり、インタビューにも答えてくれた通訳人Sさんが原告側の通訳人として付いた民事事件の裁判です。Sさんの勧めで、これを傍聴しました。

ハワイ州最高裁法廷
ハワイ最高裁①


これは大家と借家人とのもめごとの裁判でした。原告と被告それぞれに別の通訳人が付いていました。私が傍聴した部分は、被告側の証人尋問で、被告側の通訳人が訳しました。面白かったことに、まず、原告側から、被告側の法廷通訳に関する異議の申し立てがありました。これは、通訳人がハワイ州の通訳人研修を受けていないので、通訳人として不適切だというような内容でした。そこで、通訳人の通訳者としてのこれまでのキャリアを問う質問がされたのですが、それによると、彼は長年、SONYなどの日本の通訳をやっており、司法よりもビジネスや会議などの一般通訳の経験が長い人のようでした。結局、そのキャリアで十分だということになり、そのまま裁判が始まりました。

その後の手続きにおいても、原告側の弁護人から、訳し方の手順など、通訳に関する色々な「いちゃもん」とも言える異議が申し立てられました。通訳人は非常にやりにくかったことと思います。でも、彼の通訳内容は、傍聴席にいて聞いている限り、とても素晴らしいものでした。私がこれまで日本の法廷で傍聴した英語の通訳人の誰よりも正確な通訳でした。それほど完ぺきだったのです。

その通訳人は白人男性で、もちろん日本語のネイティブではなく、ほんの少しだけニュアンスの異なる訳語選択を、ごく限られた回数することはありましたが、それ以外では本当に正確な通訳で驚きました。発言者が途中でためらったりしても、それをその通りに通訳していましたし、細かいニュアンスをもつ言い回しも、ほぼ正確に訳していました。情報が落ちるなどということは一度もありませんでした。私は、法廷通訳は「何も足したり引いたり編集したりせず、そのまま訳さなければならない」と、常に言ってきたのですが、心のどこかでは、これは理想論で、そんな正確な通訳は無理かもしれないと思っていましたが、今回、ハワイの法廷で、ほぼ100%正確な通訳を目の当たりにし、その考えは捨てました。優秀な人材なら、100%正確な通訳に限りなく近くなれるのです。

通訳人のSさんは、自分の出番を待って傍聴席にいましたが、後で聞いたとところでは、被告側の通訳は、ほとんど問題のない良い通訳だったという感想でした。そして、驚くことに、私が気付いた訳語のほんのわずかなニュアンスの相違について、Sさんも同じことに気付いていたのです。Sさんも日本語のネイティブではありません。それなのに、そんな細かい日本語のニュアンスについても、ちゃんと分かっていたのです。Sさんの方が被告側の通訳人よりも実力が上だということでしたが、そのレベルの高さがうかがえます。

Sさんは、自ら通訳翻訳事務所を経営し、ビジネスや会議など、色々な通訳の仕事をしておられ、法廷がメインではありません。それは、先に述べた私が傍聴した裁判の通訳人も状況は同じで、市場原理の働くところで仕事をしている人たちは、やはり、それなりの実力を持っているというよい例でしょう。日本のトップクラスの会議通訳者のレベルに比べても遜色はないと思います。

Sさんについては、本当に驚いたのですが、日本語を話す弁護士さんたちと定期的に司法通訳に関するセミナーを開催しており、私もそれに参加する機会をいただきましたが、内容は立派なユーザー・トレーニングになっていました。進んで通訳人から定期的に研修を受ける法律家たちのオープンな姿勢にも感心しました。日本の法律家にも見習ってもらいたいものです。

もう一人知り合った法廷通訳人の日本人女性Aさんがいますが、Sさんに言わせれば、Aさんはハワイの日本語の通訳人の中での最も優秀な人だそうです。彼女が通訳しているところを見たことはありませんが、その英語の素晴らしさは完全にネイティブと同じでした。しかも、法廷通訳をするには法律を知らなければならないと、コミュニティ・カレッジでパラ・リーガルのコースを受講しているという熱心さです。そのプロ意識には感服しました。

今回出会った3名の法廷通訳人は、おそらくハワイ州でもトップクラスの人たちだと思いますが、本当に優秀な法廷通訳人というものが存在することがわかり、安心しました。日本の法廷でまかり通っている、不正確な通訳についての「許容範囲論」など入る余地のないほど正確な法廷通訳は、人材次第で、ちゃんと実現するのです。

スポンサーサイト
Makiko Mizuno
「司法通訳」新情報


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。