スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Makiko Mizuno
スポンサー広告


それは単数? それとも複数?
以前紹介したメルボルン事件(日本人観光客のヘロイン密輸事件)の裁判で通訳を務めたオーストラリア人と話をしたことがありますが、彼は、日本語を通訳する難しさの1つとして、単数・複数の区別の曖昧さを挙げていました。例えば、この事件では、いくつかのスーツケースが二重底になっていてヘロインが隠されていたわけですので、当然、「スーツケース」という言葉が何度も出てきます。日本語で「スーツケース」と言われるたびに、彼は“a suitcase”(単数)と訳すべきか”suitcases”(複数)にすべきかわからず、大変困ったそうです。複数形のない日本語を単・複の区別をしなければ文章が作成できない英語に置き換えるのですから、よほど状況を正確に把握していなければ、判断がつきません。その通訳人は、一々、「それは単数ですか、複数ですか」と尋ねては、訳していたそうです。
逆の場合も、同様に問題が生じます。日本語に訳す場合、単語の前に「多くの」とか「いくつかの」、あるいは「3つの」というように明らかに複数とわかる表現があれば問題ありません。”many cars”なら「多くの車」というように、形容詞から複数だということがわかるからです。ところが、そういう表現がなく、単に”cars”と言われたら、非常に困ります。  
日本語では、「・・・たち」「・・・ら」を付けて複数を表す事が多いですが、「・・・たち」や「・・・ら」が付けられる言葉は限られています。一般的に、これらは動物以外のものには付けません。「車たち」「車ら」はおかしいです。また、「家」とか「国」などを複数形にするには「家々」、「国々」のようにしますが、それが出来る言葉も限られています。「車々」とは言いません。
英語でよく“governments”や”problems“という表現が出てきますが、日本語の「政府」「問題」には複数形がありませんので、複数のニュアンスを出すには、かなり工夫が必要です。例えば「各国政府」「諸問題」のように訳すことも1つの方法です。
このように、世界の言語の中には複数形が存在するものと存在しないものがあります。その理由に関しては、こんな説があります。私は専門家ではないので、その真偽のほどはわかりませんが、なかなか面白い考え方だと思いました。
その説とは、狩猟民や遊牧民をそのルーツに持つ民族の言語には単数形、複数形が存在し、農耕民をルーツとする民族の言語には、単数、複数の区別が曖昧である、というものです。つまり、獲物を狩りに行くとき、何頭の獲物を獲るには何人の人員が必要かということを常に意識している、あるいは羊などが何匹いるということを常に意識していると、単数、複数の感覚が発達し、言語にもそれが反映される。その反対に、1年の収穫が全体として存在し、それを順に食べていっている民族では、単数、複数が明確でなくとも暮らしに差し支えないので、その感覚が発達しなかった、ということです。
言語はその属する文化と密接に絡み合っているので、民族の生産形態も、当然、言語の形成の際に何らかの影響を及ぼしたのでしょう。話をするときに、単数を使うのか複数を使うのかを一々意識してしゃべっている人たちと、そんなことを何の意識せずにしゃべっている人とでは、おそらく、その見えている世界も違うのでしょう。” There is a cat on the sofa.”も”There are cats on the sofa.”も、日本語では「ソファーの上に猫がいます。」となり、日本人にとっては一匹であろうと、複数であろうと、言語上、どうでもいいことなのです。聞き手が勝手に想像します。それに比べ、英語の話者にとっては、言葉を発する前に、何匹いるかを意識しなければ文章を作ることが出来ません。話し手のほうに、明確に伝える義務があるのです。
単数、複数の問題も、通訳をめぐるトラブルになり得ます。ある日本人が「ソファーの上に猫がいます。」と言った場合、通訳者は、それが1匹なのか複数なのか自分で決めた上で英語に訳さねばなりません。このように、通訳者が、自分の判断で情報を明確化してしまうということは、場合によっては、非常に危険なことだと言えましょう。
ところで、単数、複数に関してですが、同じ日本語なのにとても妙な思いをしたことがあります。私が子供を連れて京都のあるお宅を訪問したときのことです。お茶を出されたときに、「お子達は、ジュースのほうがいいですやろ。」と言われました。私の子供は一人だったので、なぜ「お子達」と言うのかわからず、他に子供がいるのかなと、思わず周囲を見回してしまいました。京都のお年寄りがよく使う「お子達」という表現は、一人であろうと複数であろうと構わないようです。おそらく、一種の婉曲法で、一人の人間をはっきり指すのを避けているのだと思います。はじめて聞いたときはびっくりしましたが、今では、京都らしい味のある表現だと思っています。
Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


異文化伝心 (14) 「水」は「水」・・・とは限らない
「水」は「水」・・・とは限らない

 アメリカのあるベテラン通訳者の話ですが、通訳ミスが本当に人の命を奪ったケースがあったそうです。昔の話ですが、第2次世界大戦中、ドイツ軍の偵察隊が砂漠地帯に偵察に出かける前に、現地人を呼んで、オアシスなど、水の補給の出来る地点に関する情報を得ようとしました。その時、現地語とドイツ語の出来る通訳がつきました。

 呼ばれてきた地理に詳しい現地人が、地図を見て指差しながら、現地語で「ここに水、次はここに水、水、水、 ・・・」と教えていきます。ところが、1回「塩水」という言葉がはさまれました。でも、通訳は、全て「水」と訳したのです。その結果、出かけていった偵察隊は一人として部隊に戻ってきませんでした。

 つまり、通訳が訳したことを信じて、途中での水の補給がぎりぎりに可能なルートを決めて、それに従って動いていたドイツ兵たちは、ある地点で、水にたどり着いたと思ったとたん、それが塩水で、飲めないものだと気づいたのです。でも、次の水の得られる場所はあまりに遠く、彼らは水分が補給できずに、全員死んでしまったのです。

 彼らが戻ってこないのを不審に思ってドイツ軍が調査を行った結果、通訳のミスが明らかになったそうです。通訳はおそらく、何のための水の調査か考えずに訳していたのでしょう。隊員の命に関わる「飲める水」の調査であるという認識がなく、塩水であっても「水」は「水」と思って、いい加減に訳していたに違いありません。

 ここにもう1つ問題があります。現地人はなにも「塩水」の場所など言う必要がなかったのではないか。それを言ったために混乱が生じたのではないか。なぜ、現地人はわざわざ「塩水」の場所を、さも大切そうに教えたのかということです。これには文化的な背景事情があります。砂漠では、人々は普通、キャラバン隊を組んで旅をします。その場合、人や荷物を運ぶラクダが一緒にいます。そのラクダたちの塩分の補給に、塩水の出る泉が重宝されているのです。ですから、人間のための水とラクダのための塩水の両方を、現地の人は意識するわけです。そして、塩水の得られる場所も、真水の場所と同様、貴重な情報なのです。

 この事件は、様々な要素が絡み合って悲劇を招いたケースですが、通訳が「塩」という言葉を省くという「ちょっとした」ミスをしたために、人が何人も死んだということを考えると、通訳の責任の重大さがわかります。この場合のように、何のためのコミュニケーションに立ち会っているのかということを正確に把握しないまま通訳すると、こんな結末をも招きかねません。
Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


異文化伝心(13)
カタカナの人名は悩みの種

 ずいぶん昔、私が某通訳スクールに通っていたころでしたから、もう二十数年前のことになります。当時、日本とアメリカは大きな貿易摩擦問題を抱えていました。「貿易自由化」「門戸開放」「保護主義」「規制撤廃」といった用語を通訳の学校でたくさん覚えさせられという記憶があります。そのころのアメリカの政府高官で、こうした貿易問題に深く関わっていた人の中に、「ブロックさん」と呼ばれる人が2人いました。米国通商代表部とか農務省や商務省といった省庁の代表だったと思いますが、記憶がいまいちはっきりしません。でも、この2人の名前のことで、常に混乱が生じていたことははっきり覚えています。
  「ブロックさん」といいましたが、この2人は、実はBlockさんとBrockさんで、英語で発音すると全く違う名前だったのです。LとRの発音は、日本語で言うと同じになってしまい、しかもどちらともつかない発音になってしまいます。ですから、誰かが「ブロックさん」と日本語で言うと、BlockさんのことなのかBrockさんのことなのかわからないのです。ご本人たちもこの問題を知っていたので、スピーチのたびに、このことをジョークにしていました。
 この問題は通訳者にとっても難題でした。もし全く関係ないことに携わっている人たちであれば、状況から判断できますが、どちらも貿易問題の関係者です。突然名前が出た場合、Lで発音したらいいのかRで発音したらいいのか、急には判断できないのです。
 日本語は発音の種類が非常に少ない言語なので、他の言語では明らかに異なる発音が、同じ音声になってしまうことがよくあります。世界的な水泳選手イアン・ソープなど、「何で名前が石鹸なの?」と多くの日本人に思われていたようです。この人の名前のソープはTHで始まる音声で、舌を軽く噛んで発音します。日本語にはありません。カタカナ表記が不可能なのです。
 昔、かの有名な哲学者ジャン・ポール・サルトルが来日した折のことですが、日本を離れる直前にこう尋ねたそうです。
「日本の人が『サルトル』という言葉を口にするのを何度も耳にしたけれど、『サルトル』って一体なんのことだい?」
 彼の名前はSartreと書きます。発音は、「サートゥホ!」のような表記不可能の音声です。フランス語のRの音声はカタカナでは絶対に書けません。ハヒフヘホを喉の奥のほうで震わせるように発音します。「サルトル」とは似ても似つかぬ音なのです。さすがのサルトルも、それが自分の名前であるとは推測不可能だったということです。
 3年前の夏、四国のある大学で集中講義をしましたが、学生の3分の1が中国からの留学生でした。その中に、「高さん」という人と「黄さん」という人と「顧さん」というがいました。私が「顧さん」と呼ぶと、なぜか「高さん」が手を上げます。「高さん」のつもりで呼ぶと「黄さん」が手を上げます。悲しいことに、私は、どの名前も「コゥさん」としか発音できないのです。名簿の読み仮名も同じになっていました。最初の日の出欠確認の際にこういう具合になってしまったので、次の時に、私が「コゥさん」と言うと、3人がお互いに顔を見合わせて、一体誰のことだろうと悩んでいます。しかたがないので、皆、ファーストネームで呼ぶことにしました。
 日本語で書かれたり読まれたりする外国人の名前は、通訳者にとって、本当に悩みの種です。ジョンとかマイケルのようなポピュラーな名前は別として、聞いたことのない名前はスペリングがなければ、完全にお手上げです。日本語の音からオリジナルの正しい音を探し出すのは至難の業だと言えましょう。
 
Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


異文化伝心 (12) 同音異義語と通訳
同音異義語と通訳
  何年か前、新聞に、ワープロの面白変換ミスのコンテストをするという記事が載っていました。その見出しの言葉は「犬が三毛の一族」でした。もちろん、「犬神家の一族」の変換ミスです。なかなかセンスのある変換ミスです。
 私は外国人のことばの壁をテーマに研究していますが、来日外国人の子どもたちの学校での言葉のバリアについて、こう書こうとしたことがあります。「言葉が通じないことから授業についていけず、不就学になる子供たち・・・」ところが、画面に表れたのは「・・・腐臭が苦になる子供たち」でした。(なぜ、授業についていけないことと、腐った匂いが関係あるの?)
 私の専門は司法通訳ですが、通訳を必要とした刑事事件のことを、「要通訳刑事事件」といいます。それを変換したら「腰痛薬刑事事件」と出てきました。(腰痛の薬がもとになって、殺人事件でも起こったのか??)
 極めつけは、私が10年以上副会長を務めていた「司法通訳人協会」(2006年解散)です。変換して出てきた漢字を見て、完全にズッコケました。「司法通訳任侠会」となっていました。(「任侠」・・・「や くざ」 私たちは『仁義なき戦い』をしていたわけではありません・・・。)
 このように、ワープロのズッコケ変換ミスを笑うことは出来ますが、これと同じことを通訳者がやってしまうことがあります。同音異義語の解釈ミスです。漢字変換の代わりに、外国語への変換ミスが起きるのです。
 同時通訳の草分け的存在で、かの有名なアポロ11号月面着陸のもようの衛星中継を同時通訳した西山千さんも、ご自分がやってしまった通訳ミスについて著書に書いておられます。 
  ある時、宇宙飛行士へのインタビューで、西山さんは、日本人の質問をこう訳しました。
  「宇宙塵はごらんになりましたか。」
 “ Did you see spacemen ?” (宇宙人を見ましたか)
  「宇宙塵」は宇宙空間に存在する微粒子でcosmic dustといいますが、「宇宙塵」を「宇宙人」と間違えたこの通訳ミスは、夢があり、とても微笑ましく、ずっと語り草になっています。
 日本は様々な概念を古代において中国から輸入しましたが、中国語に比べてもともと音のバリエーションが乏しかった上、時代が経るにつれて、ますます母音数が減り、本来は異なる発音を持っていた言葉が同じに聞こえるようになってしまいました。そのせいで、現在のように、同音異義語が氾濫しているわけです。さらに、明治時代に、西洋から近代的な思想や制度を輸入した際に、そこで使われている概念を表現するのに、漢字熟語を多用しました。そのために、同音異義語の数が飛躍的に増えたのです。司法の分野は、それが最も顕著に表れている分野の一つです。
 司法通訳の現場では、慣れないと同音異義語の罠にはまります。「ほうていの」と言われて「法廷の」と「法定の」のどちらであるか、初心者には判断しにくいです。また、法廷でよく使われる「諸般の事情を鑑みて」という表現を「初犯の事情」つまり、「初犯であるという事情」であると勘違いしてしまった人もいます。
 また、「公訴」と「控訴」、「科料」と「過料」、「勾留」と「拘留」のように、よく似ているけれども法律的な意味が全く違う用語もたくさんあります。用語の意味とそれが使われる情況をよく把握しておかないと、間違える可能性が高いのです。
 通訳者は常に文脈を意識しています。同音異義語を正しく判断するには、文脈に頼るしかないからです。「さいきんかんせんした」と聞こえてきたら、「細菌感染した」のか「最近感染した」のか、文脈に応じて考えます。「せいさんざい」と言われたら、経済に関する話であれば「生産財」、薬学に関係があれば「制酸剤」と判断します。

「きのうてきにかんがえる」
「おしょくじけん」
「てんたいしょう」
これらは、私が一瞬勘違いしたことのある同音異義語です。どう間違えたかわかりますか。


 帰納的と機能的    汚職事件とお食事券   点対称と天体ショウ でした。

Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


異文化伝心 (11)
笑っていいとき、悪いとき

 日本人が欧米人に誤解を受ける状況の典型は、笑いのタイミングとシチュエーションです。日本人の笑いは不気味だと昔から言われますが、欧米人なら決して笑わない場面で日本人が笑ってしまうことがよくあります。
 ずいぶん昔、私がまだ20代のころですが、通訳ガイドの仕事で、ヨーロッパ人のツアー客を30名ほど空港へ送っていったことがありました。奈良・京都の観光を終えて、伊丹空港へバスで向かっていました。(当時は関西空港はまだなかったので、伊丹空港が国際線の発着空港でした。ついでに言うと、関西空港の設計者レンゾ・ピアノ氏の記者会見の通訳もしたことがあります。日本人が予算をケチったので、自分の設計したとおりにならなかったとかなり憤慨しておられましたが・・・。)
 しばらくはスイスイと名神高速を走っていましたが、徐々にバスがノロノロ運転になり、いやな予感どおり、ついにはピタッと止まってしまいました。運転手に聞くと、どうも事故があったようです。団体ツアーですから、不測の事態に備えてかなり時間的余裕を持って出発したので、はじめのうちはそれほど心配していませんでしたが、20分、30分とバスが全く動かぬまま時間が経過していくにつれ、不安の影が徐々に膨れ上がっていきました。
 そのツアーには添乗員がついていました。(どこの国の人だったか忘れましたが、ヨーロッパ人だったことは確かです。)時間の経過とともに、彼の顔には焦りと苛立ちが色濃く表れてきました。「いつ、動くのか」と彼は何度か運転手の所に聞きにきます。その度に「わからないけど、そのうちに。」と、運転手の空しい返事を私が通訳します。それを何度か繰り返したあと、添乗員がかなり険しい表情で、「飛行機に乗り遅れたらどうするんだ」と怒りをぶつけてきました。その時、私は運転手と顔を見合わせて、「そんなこと言ったって、仕方がないよね。」と言いながら、ハハハと笑ってしまったのです。運転手も笑いました。
 それを見た添乗員は、ブチ切れました。
「どうして笑うんだ。こっちがこんなに困っているのに、何がおかしいんだ。日本人はクレージーだ。」と、添乗員はまくしたてました。その様子を見て、私は焦りましたが、焦れば焦るほど、顔は笑ってしまうのです。「何もおかしくない。私たちも困っているのよ。」と言いながらも、顔は笑ってしまいます。運転手も同様です。
 その時、私は思いました。こんなに困っている最中に笑ってしまう日本人はやはりクレージーなのかしら。でも、こんなときに深刻な顔をしていたら、余計に状況が深刻になってしまうじゃない。笑ってその場の緊張を和らげるのが、人間の知恵ってものでしょう。
 でも、日本人の困ったときの苦笑の意味は欧米人には通じません。添乗員は真っ赤な顔をして目を剥いて怒っています。バス全体に険悪な空気が流れそうになりましたが、幸いにも、バスが動き始めたのです。何とか飛行機には間に合いそうだとわかったとき、添乗員の怒りも解けたようでした。ほっとした表情で座席に戻り、その後は、何も非難がましいことは言わなくなりました。
 さて、一行は無事伊丹空港に到着し、搭乗手続きで少しせかされましたが、ちゃんと飛行機に乗ることができました。別れるとき、添乗員は私に言いました。
「さっきは興奮して悪かった。でも、日本人はどうしてあんなときに笑うのか理解できないよ。ジャパニーズ スマイルはミステリアスだね。」

「異文化伝心 2」で「メルボルン事件」について紹介しましたが、私は、日本の弁護団に依頼され、オーストラリアでの被疑者取調べの状況をテープに取ったものを分析しました。通訳がうまくいかなかったことを証明し、国連の人権委員会に個人通報して救済を求めるための補充報告書作成に必要だったからです。
 私は首謀者とされていた人物の取調べテープを分析しましたが、ここでも、日本人の意味不明の笑いが誤解を招いていることに気づきました。欧米人なら取調官に対して真顔で抗議すべきところや、責めたてられて返事に窮しているような場面で、日本人の被疑者は笑ってしまうのです。時には日本人の通訳人もいっしょになって苦笑しています。それを見て、オーストラリア人の警察官が悪い印象を持ったことは明らかでした。まじめにやっていないと思うわけです。
 日本人の困ったときの笑い、照れ隠しの笑いは、時として、思わぬ災難を呼ぶことがあります。笑いのTPOも、文化によって違うという事です
Makiko Mizuno
エッセイ(異文化伝心)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。